Sam's e-AT Lab

障害による困難さのある子どもたちの学習や生活を豊かにするためのe-AT(electronic and information technology based Assistive Technology=電子情報通信技術をベースにした支援技術)に関する話題

マジカルトイボックスイベントをはじめAssistive Technologyに関するセミナーや講演会などでお会いする機会が多いおおきなきさんが、ブログおおきなき交流広場~言の葉(ことのは)~を書いておられます。

その中のエントリー27歳からの視線入力への挑戦ーその3ーにたいへん興味深い内容が書かれていました。
 ↓ ↓ ↓
27歳からの視線入力への挑戦ーその3ーブログ記事の主人公である雅也さんのお母様からおおきなきさんに届いたメールに次のようなことが書いてありました。


皮質盲と言われていましたが、可能性にかけてみました。

視線センサーとの出会いで、私は文字通り盲目的に画面を見せ始めたわけですが、驚くことに雅也の眼球運動が改善しました。

健康用語WEB事典によれば、皮質盲とは以下のように書いてあります。


両側の後頭葉の損傷によって、目で見えているものを認識できなくなる異常。

脳の異常による失明。

ざっくり言うと、眼球もあり網膜に映像が映っているにも関わらず、脳の後頭葉に損傷があるために、その像を視覚中枢で解析できないために視覚認知できていない状態というわけです。

以前もお伝えしましたが、Samの勤務校にも「この子は見えていない」と診断されている脳性疾患の子どもたち(いわゆる重症心身障害とか重度・重複障害と診断・評価されています)が何名もいます。

そういう子どもたちでも、母親の声やある音楽が聞こえると音源の方に顔を向けることがあり、その対象に目を向けているように見えるのです。

そこで、視線入力を試してみる!
それも、週に何回も...何ヶ月にもわたって...

すると、眼球の動きに変化が現れる子どもがいるのです。
A児が視線入力に取り組み始めた頃の視線の履歴
 ↑ ↑ ↑
視線入力に取り組み始めた頃のA児の視線の履歴

2年後に視線入力で描いたA児の絵
 ↓ ↓ ↓
A児が視線入力に取り組んで2年後に描いた絵
あきらかに眼球運動が向上していることが分かると思います。

上の事例のA児は、いわゆる重症心身障害とか重度・重複障害と診断・評価されていて、医者から「この子は見えていない」と診断されている子どもさんです。

最近の脳科学研究では、「脳には可塑性がある」と言われています。

対象児にとってつまらないモノを見せたって見たりしないと思いますが、その子にとって「お得なモノ」であれば見るのではないでしょうか?

「お得なモノ」を見続けることで、損傷していた脳の周辺細胞が活性化され、通常の神経回路に代わる新しい回路が形成されて視覚認知機能が向上する可能性は0ではないと思います。

2016年2月当時27歳だった雅也さんのお母様からおおきなきさんに届いたメールには、次のようなことが書いてあったそうです。


私は、小さい頃から、どんなに障害が重くても自分の感情や意思を表現できる人に育ってほしいという思いで子育てをしてきました。

息子は自分の感情を表出できるようになっただけでなく、27歳の今になってようやく、してほしいこと、やりたいことなどを訴えてくるようになりました。

しかし、発語できないために自分の思いを伝えきれていないのだと思います。

ストレスをためている様子が伺えます。

そこで情報をたぐって、OAK Pro やTobii EyeX Controller(後継機はTobii Eye Tracker 4C)を知り、購入してみました。

メールをきっかけとして、おおきなきさんがサポートを始めるようになったそうですが、お母様自身が勉強され、日常生活用具給付制度でトビーPCEyeえくすぷろあを購入し、センサリーアイFX等のアプリを揃えていかれたそうです。

また、ローコストの視線入力装置にも着目され、Tobii Eye Traker 4Cも揃えるとともに、島根大学の伊藤史人さんが開発されたEyeMoT 2DEyeMoT 3Dも有効に活用されたそうです。

雅也さんのお母様のように学校やリハだけに頼るのではなく、我が子の可能性を信じて自分で勉強し、必要であれば機器類を揃え、日々コツコツと取り組んでおられる障害児の家族がSamの周りにも増えているように感じています。

週に1回程度の授業でICT機器を活用したとしても、機器の位置やアプリの選定といったフィッティングを試しているうちに授業時間の半分ぐらいが過ぎてしまい、気持ちがのってきた頃に授業が終わっていまう...
という繰り返しでは、力はつかないように思います。

「継続は力なり」という言葉がありますが、30分でも良いので毎日継続して取り組むことで伸びていく子どもは少なくないと思います。

今夏、いわゆる重症心身障害とか重度・重複障害と診断・評価されている子どもの家族向けのセミナーに招いていただいています。

そのセミナーで、この話もしてみたいと思っています。

※このブログ記事を書くにあたっては、おおきなきさんからの許諾を得ています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

公立の特別支援学校や小中高等学校では、7月下旬から夏休みになると思います。
夏休みといえば、Samにとっては巡業のシーズンです。

今年(2019年)もAssistive Technologyの活用やAACに関する研修会に招いていただいており、7月から9月の期間、北は仙台から南は宮崎までお邪魔する予定です。

特に、今年は「視線入力について教えてほしい」というリクエストが現時点で4件!
いずれも特別支援教育の業界からの依頼です。

そこで困ったのが、研修会の会場まで固定具をどうやって輸送するということ...

そんな時、2019年7月5日のブログmiyasukuスタンドが満を持して登場!で紹介したmiyasukuスタンドをバッグに入れて運ぶというアイデアを株式会社ユニコーンさんから教えていただきました。

miyasukuスタンドはパーツを分解することができますので、それを入れるバッグさえあれば良いのです。
とはいえ、結構な重量になりますので、ちょっとでも楽に持ち運べるようにと、AmazonでPGM社のキャスター付きゴルフバッグカバーSP-GEF-01を購入しました。
 ↓ ↓ ↓
表側から見たキャスター付きカバー
バッグの右側にある黄色いモノのは、視線入力に対応した入力練習アプリEyeMoT 2DEyeMoT 3Dで振動をフィードバックする際に使っている振動クッションです。
大きさを比較するためにバッグの横に置いてみました。

裏側を向けると下にキャスターが付いていることが分かります。
 ↓ ↓ ↓
裏側から見たキャスター付きカバー
バッグの中を空っぽにすれば折りたたむこともできて、こんなにコンパクトになります。
Amazonから届くときには、こういう折りたたまれた状態でダンボール箱に入っています。
 ↓ ↓ ↓
折りたたんだ状態のキャスター付きカバー
100均ショップで購入したプチプチ(クッション材というのでしょうか?100cm✕100cmのサイズで税抜き100円で購入しました)でmiyasukuスタンドの部品をぐるぐる巻きにして結束バンドで固定して、PGM社のキャスター付きゴルフバッグカバーSP-GEF-01の中に入れるようにしました。
キャスター付きカバーとmiyasukuスタンドの部品
miyasukuスタンドの部品を入れた状態でPGM社のキャスター付きゴルフバッグカバーSP-GEF-01を肩にかけるとこんな感じになります。
 ↓ ↓ ↓
キャスター付きカバーを肩にかけた状態01
ゴルフヘッドの部分がスカスカになりますので、実際にはこんな感じになりそうです。
 ↓ ↓ ↓
キャスター付きカバーを肩にかけた状態02
このバッグにmiyasukuスタンドの部品を入れたまま輸送することができるのか...
うまくいったら、ブログで紹介したいと思います。

なお、このブログ記事はPGM社のキャスター付きゴルフバッグカバーSP-GEF-01の購入を推奨するものではなく、また、SamはAmazonの回し者ではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年7月18日のブログ第48回マジカルトイボックスイベント【ビュッフェ形式による機器活用相談会】ネタ③〜Assistive Touch編の続編です。

Samのブースに参加された方から出された相談内容で多かったのは、次の5つでした。


①【肢体不自由特別支援学校の教員】iPadの画面に触われる子どもを担当しているのですが、手を開いてタップすると別のアプリが表示されてしまうので、継続してそのアプリが使えなくなってしまい困っています。

②【肢体不自由児の保護者】【肢体不自由特別支援学校の教員】iPadの画面に触われる子どもがいるのですが、ホームボタンを触わってしまって、アプリを終わらせてしまうので困っています。

③【肢体不自由児の保護者】【肢体不自由特別支援学校の教員】iPadを与えておくとYouTubeばかり見ていて、なかなか終わろうとしません。

④【肢体不自由児の保護者】【肢体不自由特別支援学校の教員】【肢体不自由児を担当しているOT】iPadの画面に触わることができない子どもがいます。得意な動きでスイッチに入力することはできるのですが、スイッチ操作だけでiPadを使うことはできませんか?

⑤【肢体不自由児の保護者】【肢体不自由特別支援学校の教員】【肢体不自由児を担当しているOT】iPadのVOCAアプリを使わせて音声で意思を表出させたいのですが、iPadの画面に触わることができない子どもなので、その方法が分かりません。

今回は、上記④と⑤の解決策としてお伝えしたスイッチコントロールのレシピ機能について紹介します。

iOSを搭載したiDevices(iPad、iPhone、iPod touchの総称)には、障害者・児が操作しやすくなるためのアクセシビリティ機能が買った時から入っています。
iPadのアクセシビリティの画面
このアクセシビリティの中にスイッチコントロールという機能が含まれています。
アクセシビリティ内のスイッチコントロールの項目
このスイッチコントロールをタップするとレシピという項目が表示されます。
スイッチコントロール内のレシピ
レシピとは、「カメラのシャッターボタンなど特定の場所をタップする」「写真を右から左にスクロールして次々と見る」といった特定のジェスチャを外部スイッチ入力で操作することができる機能です。
レシピの項目
Samのブースに来られた方から「DropTalkのスケジュールキャンバスで最上位のアイコンだけをタップできるようにしたい。i+Padタッチャーを貼ると画面が見づらくなるのでAssistive Touchは使いたくない」という質問が出されました。

そこで、紹介したのが上記スイッチコントロールのレシピ機能を使う方法です。

その設定方法や利用の仕方をYouTubeにアップしましたので、よかったらご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
iOS12のアクセシビリティ機能【スイッチコントロール】レシピ機能の使い方190718

上記YouTube動画は、①スイッチコントロールの設定(インターフェイスの認証、スイッチの登録)、②既存のレシピの紹介と使い方、③質問された内容に応えるためのレシピの作り方と使い方、を網羅していますので14分30秒という長さになっています。

内容は、以下のとおりです。


(1)スイッチコントロールのレシピ機能に関する概要説明

(2)スイッチコントロール用インターフェイス「できiPad2。」を利用して、スイッチコントロールのためのスイッチとして外部スイッチを登録する方法
「できiPad2。」をBluetoothでiPadとペアリングする方法
②外部スイッチをスイッチコントロール用のスイッチとして登録する方法

(3)レシピの設定方法
① レシピの例(ページ移動=右から左へスワイプするジェスチャ)
② アクセシビリティのショートカットを設定する方法
Our Story for iPadで作った絵本のページをレシピ機能でめくる方法
④ カスタムジェスチャをつくる方法
DropTalkで作ったスケジュールキャンバスをレシピ機能で操作する方法

もっと短い時間でレシピについて知りたいという方は、以前アップしていたコチラのYouTube動画をご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
iPadのアクセシビリティ【スイッチコントロール】のレシピ機能で電子書籍のページをめくる方法180104

1分30秒ほどですから、レシピ機能の概要はお分かりいただけると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、「障害のある子どもたちが得意な入力方法で学習できるオンラインサイトがあるよ」とアメリカ在住のアプリ開発者から教えてもらいました。

その名もgingertiger.net
Ginger Tigerの画面01
だいたい1歳から小学校低学年までの発達段階にある子どもたちが、それぞれの得意な入力方法やデバイスを利用して学ぶことができるオンラインサイトです。

アプリは、Cause & Effect(因果関係を学ぶアプリが31種)・Basic Skills(形や色のマッチング、仲間分け、パズル、間違い探し、足りないもの探しといった読み・書き・計算の基礎スキルを学ぶアプリが32種)・Timing(タイミングよく入力することを学ぶアプリが16種)・Math(算数の基礎スキルを学ぶアプリが18種)・Speech & Language(音声と言語を学ぶアプリが16種)・Language Arts(文字を学ぶアプリが19種)という7つのカテゴリーに分けられていて、総計131種ものアプリがあります。
Ginger Tigerの画面02
Ginger Tigerの画面03
Ginger Tigerの画面04
Ginger Tigerの画面05
Ginger Tigerの画面06
Ginger Tigerの画面07
 ↑ ↑ ↑
すべてMacパソコン用WebブラウザChromeで起動してスクリーンショットを撮ったものです。

インターネットに接続されているデバイスであれば、OSを問わず利用できますので、WindowsPCでもMacPCでもiPadでもAndroidタブレットでもWindowsタブレットでも大丈夫。
Webブラウザがインストールされているデバイスさえあれば利用できるのです。

しかも、入力方法は、マウスやキーボードだけでなく、タッチパネル、外部スイッチによるスキャン入力(1個のスイッチによるオートスキャンまたは2個のスイッチによるステップスキャンが使えます)、視線入力にも対応しています。
アプリごとに設定できる入力方法の画面
これだけ入力方法の選択肢があれば、肢体不自由のある子どもたちでも学習できると思います。

従来の学習アプリと言えばOSごとに存在していて「iPad用のアプリはWindowsパソコンでは使えない」といったものが多かったのですが、Ginger TigerはWebアプリですから、OSに依存することはありません。

iOS12.3.1のiPad(第6世代)のWebブラウザChromeで試した動画をYouTubeにアップしましたので、どのようなアプリかをご覧いただけます。
 ↓ ↓ ↓

メールアドレスとパスワードを登録すれば、7日間は無料で使えますので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

なお、無料で使える期間が過ぎると課金すればフルで使えるようになります。
1台の端末を1ヶ月契約ですと月額$10、1年契約ですと年額$110(1ヶ月あたり$9)で、学校のように複数台契約する場合は年額$600(1ヶ月あたり$50)で同時に15台の端末で使うことができるようです。
課金表

日本の公立学校では、アプリ料金の支払いやインターネット接続環境などがハードルとなるかもしれませんが、障害児の保護者・家族や海外の学校に在籍している方でアプリを探しておられる方は一度試してみてはいかがでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年7月17日のブログ第48回マジカルトイボックスイベント【ビュッフェ形式による機器活用相談会】ネタ②〜アクセスガイド編の続編です。

Samのブースに参加された方から出された相談内容で多かったのは、次の5つでした。


①【肢体不自由特別支援学校の教員】iPadの画面に触われる子どもを担当しているのですが、手を開いてタップすると別のアプリが表示されてしまうので、継続してそのアプリが使えなくなってしまい困っています。

②【肢体不自由児の保護者】【肢体不自由特別支援学校の教員】iPadの画面に触われる子どもがいるのですが、ホームボタンを触わってしまって、アプリを終わらせてしまうので困っています。

③【肢体不自由児の保護者】【肢体不自由特別支援学校の教員】iPadを与えておくとYouTubeばかり見ていて、なかなか終わろうとしません。

④【肢体不自由児の保護者】【肢体不自由特別支援学校の教員】【肢体不自由児を担当しているOT】iPadの画面に触わることができない子どもがいます。得意な動きでスイッチに入力することはできるのですが、スイッチ操作だけでiPadを使うことはできませんか?

⑤【肢体不自由児の保護者】【肢体不自由特別支援学校の教員】【肢体不自由児を担当しているOT】iPadのVOCAアプリを使わせて音声で意思を表出させたいのですが、iPadの画面に触わることができない子どもなので、その方法が分かりません。

今回は、④と⑤の解決策としてお伝えしたAssitive Touchについて紹介します。

iOSを搭載したiDevices(iPad、iPhone、iPod touchの総称)には、障害者・児が操作しやすくなるためのアクセシビリティ機能が買った時から入っています。
iPadのアクセシビリティの画面
このアクセシビリティの中にAssistive Touchという機能が含まれています。
アクセシビリティに表示されている項目
設定アプリの一般>アクセシビリティ>Assistive Touchをタップしていき、ボタンをON(緑色に変える)にすると下図のような項目とアイコンが表示されます。
Assistive Touchの項目
新規ジェスチャを作ることによって、タップするだけで望みどおりのジェスチャ操作が可能になります。

上図のメニューに「カスタムジェスチャ」という項目があり、スワイプやダブルタップといったジェスチャを作れば、タップ動作だけで各種ジェスチャ操作ができるようになります。
Assistive Touchのカスタムジェスチャ例
例えば、「カメラアプリのシャッター操作をさせたい」といった場合、カメラアプリのシャッターの位置にタップするというジェスチャを作り、その部分にi+Padタッチャーを貼ります。
i+Padタッチャ−
対象児が得意な動きに反応する外部スイッチをi+Padタッチャーに接続して、スイッチに入力すればシャッターを切ることができるようになるという仕組みです。
 ↓ ↓ ↓

【AssistiveTouch】で「タップ」というジェスチャを作る方法というYouTube動画もアップしています。
 ↓ ↓ ↓

当日、デモンストレーションしましたが、花火アプリやお絵描きアプリなどでグルグルっと花火を打ち上げたり絵を描いたりするためのカスタムジェスチャの作り方の解説動画をYouTubeにアップしています。
 ↓ ↓ ↓

電子書籍のページめくりや写真をスライドするために〈右から左スワイプ〉というカスタムジェスチャの作り方の解説動画もYouTubeにアップしています。
 ↓ ↓ ↓

相談会の中では、「i+Padタッチャーのベタベタ(=iPadの画面に貼る静電誘導ユニット)が効かなくなって画面から外れてしまうのですが」という質問がありました。

その場合、i+Padタッチャーを購入した時に付属しているベタベタ(=iPadの画面に貼る静電誘導ユニット)を貼り替えるかベタベタ(=iPadの画面に貼る静電誘導ユニット)を外してマスキングテープで貼ればOKです。
※セロテープやビニールテープは、剥がした跡に糊がくっつくのでやめた方が良いです。

また、外部スイッチに入力しっぱなしになって困るのであれば、外部スイッチとi+Padタッチャーとの間にスイッチヘルパー・ワンショットを繋げば、入力しっぱなしを解消することができます。
スイッチヘルパー・ワンショット
次回は、質問された④と⑤を解決するもう一つの方策について書いてみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ