公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会さんから標記の研修案内が届きました。

以下、主催者からの案内を以下に引用します。


【趣旨】
公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会は、平成20年度からボランティア団体等と協力して小中学校の発達障害など読みの困難がある児童生徒にデイジー教科書を製作・提供を行っています。
当初80名だった利用者は、平成29年度末は 8千名を越え、本年度は1万人を超える見込みで急速に普及しつつあります。
また、平成26年度からは、文部科学省の音声教材の効率的な製作方法等に関する調査研究事業として、デイジー教科書製作の効率化に取り組み、製作基準を整備するとともに教科書数を拡充し、平成30年12月現在では360冊を越え、検定教科書の約8割を提供しています。
本報告会では、デイジー教科書提供事業についてその取り組みと現状についての報告を行い、読みの困難 のある児童生徒へのデイジー教科書を活用した ICT 支援の実践、導入について、特別支援教育の専門家の視点、デイジー利用者の視点、入試への展望、などそれぞれの立場から有効な事例をご報告していただき、そこから得られた成果や課題を学び、今後のデイジー教科書のあり方と普及について考えます。

【日時】
平成31年2月24日(日) 13:30~17:00

【会場】
戸山サンライズ 大会議室

【定員】
140名(定員になり次第締め切ります。)

【参加費】
無料

【情報保障】
要約筆記あり。
希望に応じて手話通訳・ヒアリングループを用意。

【お問い合わせ】
公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
TEL:03-5273-0796
FAX:03-5273-0615
e-mail: daisy_c@dinf.ne.jp

【プログラム(予定)】
12:30-13:30 デイジー教科書、機器展示
13:30 開会挨拶
13:35-14:00 デイジー教科書の利用申請状況報告〜西澤 達夫(日本障害者リハビリテーション協会 参与)
14:00-14:45 デイジー教材の導入・活用について〜金森 裕治(大阪教育大学 特別支援教育講座 特任教授)
14:45-15:00 休憩
15:00-15:45 デイジーユーザー大学生からの提言〜小澤 彩果(立命館大学情報理工学部 学生)
15:45:16:30 センター試験及び「新テスト」における受験配慮でのIT活用 〜南谷 和範(大学入試センター 試験基盤設計研究部門 准教授)
16:30-17:00 質疑応答
17:00 閉会

参加申し込みは、下記こくちーずプロからどうぞ。
 ↓ ↓ ↓
https://kokucheese.com/event/index/550044/
メモをとる人