2019年1月27日のブログiPad/iPhoneをマウスで動かせるようになる日が近いかもの第2弾です。

ブログ記事では、USBマウスなどでiDevicesを操作することが可能なBluetoothインターフェイスAMAneo BTiを紹介しましたが、2月8日のTwitterのタイムラインに「USB-A接続のマウスやトラックボールなどでiDevicesを操作することが可能なLightningインターフェイスを米国AbleNet社が発売予定」という投稿が流れてきました。
ネタ元はSENict(Special Needs ICT Training and Consultancy)を主宰するIan Beanさんのtweetです。
さっそくAbleNet社のサイトをチェックしたところ、そのインターフェイスの名前はSidekick
今秋発売を予定していて、価格は$325.00とのことです。
Sidekick
このインターフェイスを使えば、USB-A接続が可能なマウスやトラックボールでiPad/iPhoneを操作することが可能になるとのこと。

また、2018年6月22日のブログiPhoneで視線入力ができるようになるかも?②〜ハンズフリーでApple製品を操作するで紹介したTracker ProはUSB-Aに接続できますので、頭や顔を動かすだけでiPad/iPhoneを操作することが可能になりそうです。
Tracker Pro本体
MFi認証を予定しているので、Appleのオンラインサイトで販売されるようになるかもしれませんね。

今秋のリリースが楽しみです。