日本時間の2019年9月20日にバージョンアップされたiPhoneやiPod touch用のiOS13.0に続いて、9月25日にはiPadシリーズ(iPad、iPad Pro、iPad mini、iPad Air)の基本OSがiPadOSという呼称に変更されるとともに最新バージョンであるiPadOS13がリリースされました。
※2019年9月25日にはiPhoneやiPod touch用のiOSも13.1にバージョンアップされました。

iPadOS13では、iOS13と同じように《アクセシビリティ》 に新しい機能が追加されました。
iPadOS13のアクセシビリティ
その一つが、パソコンのようにマウスなどのポインティングデバイスでiPadを操作することができる【マウスサポート】という機能です。

マウスサポートを機能させるには、設定アプリを起動させて、アクセシビリティ>タッチの順にタップして進み、Assistive Touchから設定する必要があります。

Assistive Touchをタップするとポインティングデバイスというメニューが表示されますので、その中からデバイスをタップします。


Assistive Touchのデバイス
すると、iPadが無線(Bluetooth)タイプのポインティングデバイスを検索しにいきますので、使いたいBluetoothポインティングデバイスをペアリングすれば、そのBluetoothポインティングデバイスが使えるようになります。
Bluetoothデバイスの登録画面
無線マウスでiPadを操作
USB接続のポインティングデバイスを使う場合は、Apple社が販売しているLightning-USBカメラアダプタまたはLighning-USB 3カメラアダプタ(iPad ProはUSB-C to USB-Aアダプタ→Anker社などの他社製品でもOK)でiPadに接続すれば自動的に認識されて使えるようになります。
接続されたUSBデバイス
USBマウスでiPadを操作
ポインティングデバイスをiPadに認識させた後にAssistive TouchをONにすると、画面にフローティング・メニュー・ボタンとマウスカーソルが表示され、ポインティングデバイスが使えるようになります。
マウスサポートONの画面
トラックパッドでiPadを操作
また、滞留コントロールをONにしておけば、ポインティングデバイスのクリックスイッチに入力しなくても、設定した時間(0.25秒から0.25秒単位で最長8.00秒まで)マウスカーソルをとどめておけば(=「滞留」と呼びます)クリック操作ができるようになります。   

滞留コントロール
詳しくは、2019年9月20日のブログ記事をご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
iOS13に追加されたアクセシビリティ新機能①〜Assistive Touchのマウスサポート

iPadでマウスサポートを設定する方法や使い方を紹介した動画をYouTubeにアップしましたので、興味のある方はご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
iOS13/iPadOS13のアクセシビリティ新機能【マウスサポート】