肢体不自由のある方々が、パソコンやタブレット端末、スマートフォンといったICT機器を利用する際、どのような方法で入力するかがカギとなることがあります。パソコンであればマウスやキーボードの操作、タブレット端末やスマートフォンであればタップやスワイプといった画面 ... もっと読む