2020年1月20日「できマウス。」プロジェクトさんからBluetoothスイッチ・インターフェイス「できiPad2。」Ver2が発売されました。
「できiPad2。」Ver2

以下、Ver1との違いについて「できマウス。」プロジェクトさんのFacebookページから引用します。


従来の「できiPad2。」に8ボタンマウス機能を追加し、1個のスイッチからiOS/iPadOS13のマウスポインターに対応いたしました。

マウスポインター操作モードでは、「できiPad2。」のLEDが緑から赤点灯になります。

また、Windows10の視線入力決定機能も追加しました。

価格は据え置きました(税別18,000円)。

ホームページトップから取り扱い説明書https://dekimouse.org/wp/dekiipad2/Dekiipad2UserManual2_0.pdfなどを見ることができます。
「できiPad2。」ユーザーマニュアル

マウスポインター関連は11ページから記載があります。

マウスモードでは、ご利用者の状況に合わせて、4通りの入力モードを用意いたしました。

操作モードの設定例には、ポインターを動かさないボタンモードの説明も記載いたしました。

また、iOS/iPadOS以外のOSでの利用についても記載いたしました。

前身の「できiPad2。」からのアップデートは2月から受付を予定しております。

これまで開発・販売されてきた「できiPad。」「できiPad2。」は、その名の通りiPad/iPhoneのアクセシビリティ【スイッチコントロール】用のスイッチ・インターフェイスでしたが、「できiPad2。」Ver2では他のOSにも利用できるスイッチ・インターフェイスになりました。

外部スイッチでICT機器に入力するためのスイッチ・インターフェイスの選択肢が1つ増えましたね。