2019年12月20日のブログで紹介した視線入力に対応した知育アプリGazePlayが1.7.1にバージョンアップされました。

前バージョン1.6.1との違いは、パソコンの解像度の違いによって表示されなかったエリアがあるというバグの修正とアプリの更新だそうです。

以下の公式サイトから無料でダウンロードできます。
 ↓ ↓ ↓
GazePlayのダウンロード先へ
GazePlayサイトのスクリーンショット
上記サイト中の【Instration now】のボタンを左クリックするとダウンロードが始まります。
あとは、画面の指示にしたがってください。
※手順は前バージョンとほぼ同じですので、分かりづらい場合はコチラの記事を参考になさってください。
 ↓ ↓ ↓
フランス発〜視線入力に対応した知育アプリGazePlay

前バージョン1.6.1と同様に(と言うか、この機能がキモだと思います)各ゲームの終了時には視線履歴に関するデータが表示されますので、ユーザーがどこをどのように見ているのかをアセスメントすることができるように工夫されています。

興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?