毎年春と夏に開催されている日本肢体不自由児協会主催の研修講座肢体不自由児のためのコミュニケーション支援機器活用講座~タブレットPCおよび視線入力装置を活用して~が今夏も開催されることになりました。
200815-16コミュニケーション支援機器活用講座_開催要項01
200815-16コミュニケーション支援機器活用講座_開催要項02
開催要項にも書いてあるように、2020東京オリンピック・パラリンピックの関係で当初は6月に開催される予定でしたが、それが来年に延期されることになったことと併せて、COVID-19の感染拡大に対応するため8月15日(土)〜16日(日)の開催となりました。

参加希望者は同協会のWebサイトから申し込むことになっており、4月6日(月曜日)朝11:00から下記サイトで始まりました。
 ↓ ↓ ↓
Web申し込み

毎回、申し込み開始直後に定員に達するという人気の研修講座ですので、参加をお考えの方はお早めに申し込まれることをオススメします。

なお、参加対象は【特別支援学校・療育関係者】となっていますので、特別支援学校の教員じゃない方でも申し込みできます。(詳細は日本肢体不自由児協会にお問い合わせください)

2019年8月に開催された研修講座の様子はコチラをご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
2019年夏巡業第8弾〜日本肢体不自由児協会主催【肢体不自由児のためのコミュニケーション支援機器活用講座】①
Assistive Touchの演習
2019年夏巡業第9弾〜日本肢体不自由児協会主催【肢体不自由児のためのコミュニケーション支援機器活用講座】②
EyeMoT3DXオンラインゲームの紹介
8月までにCOVID-19の感染が終息していれば良いのですが...