2020年4月11のブログ記事米国AbleNet社製Bluetoothスイッチ・インターフェイス【Blue2 Bluetooth Switch(ブルー2)】が購入できるようになりましたと同年4月27日のブログ記事米国AbleNet社製Bluetoothスイッチ・インターフェイス【Blue2 Bluetooth Switch(ブルー2)】をiPadにペアリングしてスイッチコントロールで使う方法で、パシフィックサプライ社さんが輸入販売している米国AbleNet社製Bluetoothスイッチ・インターフェイスブルー2(米国名Blue2 Bluetooth Switch)のことを紹介しました。

その中で、本家AbleNet社のYouTubeチャンネルでBlue2 Bluetooth Switchの解説動画2本を紹介していました。
 ↓ ↓ ↓
 

 
ところが、英語なのでイマイチ分かりづらい...

そんなユーザーの声を受けて、2020年7月29日、YouTubeチャンネルエーブルネット_パシフィックサプライさんが日本語での解説動画を2本アップされています。
 ↓ ↓ ↓
ブルー2 ペアリング方法
 
ブルー2 スイッチコントロールを使用してキーボード入力する方法

やはり、日本語の方が分かりやすいですね。

ちなみに、ブルー2の特徴は以下のとおりです。


◎タブレット、携帯電話、パソコンに使用されるBluetoothで接続

◎1つまたは2つのスイッチをすばやく接続可能

◎1~4個のカスタムキーストロークでプログラム可能

◎2つの外部スイッチが利用可能

◎長持ちする充電バッテリーで、約13時間使用可能

◎アプリの標準的な操作に対応するため4種類の操作モードが登録

◎2つのスイッチトップ(S1・S2)へ操作を登録できます。

◎モード5、6にはユーザー独自の設定をプログラム可能

◎本機のスイッチ、あるいは外部スイッチ(別売)を使用し、接続側のスイッチ制御ソフトウェアを介して、デバイスの操作ができます。

◎各ブルー2は個体番号が付けられており、同じ部屋に複数のブルー2がある場合は使用したいブルー2と簡単に接続できます。

また、以下の機器との互換性があります。


◯ iOS 7以降を搭載しているiPad、iPhone、またはiPod touch

◯ macOS Mavericks 10.9以降を実行しているアップルのPC

◯ Windows 10を搭載しているPC

◯ ChromebookとChromebox

◯Android 9を搭載している携帯電話とタブレット
なお、Blue2 Bluetooth Switch(ブルー2)は、パッとレンタル(1ヶ月または3ヶ月)も可能になっていますので、「購入する前に試してみたいなぁ」と思われる方はチェックしてみてください。
 ↓ ↓ ↓
パシフィックサプライ社【ブルー2】の紹介サイトへ