Nintendo SwitchPlay Station 4などの市販ゲーム機で遊ぶことが日常生活の楽しみになっている子どもたちは少なくありません。
しかしながら、肢体不自由児の場合、市販ゲーム機を操作するためのコントローラーへの入力がままならないケースがあります。

市販ゲーム機のゲームアプリで楽しそうに遊ぶ兄弟姉妹の横で、眺めるだけの子どもたち...
周囲から「重度・重複障害があるからゲームなんてできるはずがない」と評価されている子どもたち...

そんな子どもたちも「ゲームがしてみたい」と願っているのではないかと思うSamです。

そこで、2020年10月31日のブログ視線入力でNintendo Switch【マリオカート8デラックス】を操作してみましたで紹介した機器類を使用して、現任校の小学4年生の男の子に市販ゲーム機Nintendo Switchマリオカート8デラックスを視線入力で遊んでもらいました。
視線入力でNintendoSwitchを操作するための機器構成例
視線入力でマリオカートを操作する小学4年生
生まれて初めて自分の力だけでゲームを楽しんでいる子どもの様子を是非ご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
201104小4年-視線入力でNintendo Switch【マリオカート8デラックス】を操作する20201104_#0532

使用した機器類は、e-AT活用の達人である岡元 雅さんのWeb記事視線入力でマリオカートをプレイする方法2020を参考にしました。
 ↓ ↓ ↓


Nintendo Switch本体&ドック

Titan One 
Titan One

③HDMIキャプチャ機器→SKnet社MonsterX U3.0R
MonsterX U3.0R2

株式会社ユニコーンさんが開発販売している《視線入力で市販ゲーム機を制御するアプリケーションソフトウェア》miyasuku Game

⑤Nintendo Switch用ゲームアプリマリオカート8デラックス

⑥USB接続可能なゲームコントローラ ホリパッド for Nintendo Switch】(Nintendo Switchアプリを操作するためTitan Oneに接続)

上記の機器類は下図のように接続しました。
 ↓ ↓ ↓
NintendoSwitchに視線入力するための機器接続例

これを機に、兄弟姉妹や友達と一緒にゲームを楽しんでもらえるとイイなぁ...