2020年11月23日のブログ【必見】自立支援のためのテクノロジーの活用〜畠山卓朗さんの講演動画を書いた日に情報バリアフリー・ラボを主宰しておられる伊藤 英一さんから「NHKスペシャル「我が分身たち」をご存知の皆さまへ。そこに出演されていた懐かしい方に関するweb記事が東洋経済オンラインにて公開されました。」という知らせが届きました。

そのWeb記事がコチラ!
 ↓ ↓ ↓
享年35歳の筋ジス患者が親指2本で遺した足跡〜1998年逝去、4代にわたって今もサイトは現存〜(東洋経済オンラインのサイト内Web記事にジャンプします)
東洋経済Web記事
このWeb記事には、1995年のNHKスペシャル「我が分身たち」で紹介された轟木 敏秀さん(1998年逝去)のサイトが紹介されています。
 ↓ ↓ ↓
轟木 敏秀のホームページ(ミラーサイトにジャンプします。PCからアクセスすると音楽ファイルafternoon.midが自動でダウンロードされる場合がありますのでご注意ください。)
轟木さんのHPトップ
轟木 敏秀のホームページ(テキスト文字のみのサブサイトにジャンプします)
轟木さんのテキスト版HPトップ
また、享年35歳の筋ジス患者が親指2本で遺した足跡〜1998年逝去、4代にわたって今もサイトは現存〜の中では、轟木さんの願いを具現化する手伝いをした畠山 卓朗さんのことと共に、今も轟木 敏秀のホームページを引き継いでおられるチームの一人伊藤 英一さんのことも書かれています。

その中で伊藤 英一さんは、次のようにインタビューに答えておられます。


畠山さんのサイトも轟木さんのサイトもそれぞれ貴重な情報ですので、できる限りすべて残そうと努めました。
墓標というよりも、まだわれわれの意識のうえでは生きておられると考えるのが妥当なのかもしれません。
これができたのも畠山さんのお人柄の賜物かと思います。
まったくもって、その通りだと思います。
ちなみに、畠山 卓朗さんは、11月23日のブログ【必見】自立支援のためのテクノロジーの活用〜畠山卓朗さんの講演動画で紹介した方です。
 ↓ ↓ ↓
畠山さんのHPトップ
畠山 卓朗さんのサイトには、Samが昔書いた書籍の書評が今でも残っています。
 ↓ ↓ ↓
https://www.normanet.ne.jp/~hatakeyama/nif/book.html

この記事に興味を持たれた方は、是非コチラ東洋経済オンラインのWeb記事をご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
享年35歳の筋ジス患者が親指2本で遺した足跡〜1998年逝去、4代にわたって今もサイトは現存〜(東洋経済オンラインのサイト内Web記事にジャンプします)

※当ブログ記事で紹介した東洋経済オンラインのサイト情報の掲載については、ライター氏からの承諾を得ています。