2020年9月21日のブログバイブマンアプリがEyeMoTボックスアプリに名称が変わり機能が追加されていますなどのブログ記事で紹介してきた島根大学の伊藤 史人さんの研究室で開発されたEyeMoTボックスアプリが2021年2月12日にバージョンアップされました。
EyeMoT_BoxApp_210212版
今回のバージョンアップの目玉は、イラストカード選択に関する改良です。
イラストカード選択は、1枚から8枚までの音声付きイラストを画面に配置して意思伝達に使えるようになっていて簡易的なVOCAの機能があります。
各枚数は10種類のプリセットを作ることができますので、最大80個の音声付きイラストで意思を伝えることができます。
イラストカード6枚
今回のバージョンアップでは、以下のように各プリセットを移動させやすくなりました。
①プリセットの移動機能
IMG_7525
画面の左右に表示された【プリセット_〇〇】にマウスポインターを移動させると、画面がスライドして次のプリセット画面に変更することができるようになりました。
IMG_7527
これまで、設定画面でプリセット画面を決める必要があり、当事者がそれを実行することが難しいため支援者が行ってきました。
今回のバージョンアップによって、当事者自身でプリセット画面を変更することができるようになりました。

②プリセットの順番変更機能
プリセット順番変更機能の画面
プリセットを円滑に移動させるために、プリセットの順番を変更しやすくする機能が追加されました。
移動させたいプリセットをクリックして選択し、画面右に表示される《1つ上に移動する》ボタンまたは《1つ下に移動する》ボタンをクリックするだけでOKです。

なお、旧バージョンのEyeMoTボックスアプリからプリセット内容を新バージョンに引き継ぐ必要がある場合、以下の手順でやると良いです。


EyeMoTボックスアプリフォルダ内の【YOUR RESOURCE】フォルダを開きます。
YOUR RESOURCESフォルダ中身
②パソコン画面のフォルダウィンドウの上に表示されるメニューバーの【表示】タブを左クリックして、【隠しファイル】にチェックを付けると、【XML】フォルダがうっすらと表示されます。
 ↓ ↓ ↓
隠しファイルを表示したYOUR RESOURCEフォルダ
③【XML】フォルダ内のファイルをコピーして、新しいアプリフォルダ内の【YOUR RESOURCE】フォルダの【XML】フォルダに貼り付けます。
 ↓ ↓ ↓
XMLフォルダ内ファイルをコピーする
以上で、旧バージョンの設定が新しいアプリに引き継がれます。
EyeMoTボックスアプリのダウンロードはコチラからどうぞ!
 ↓ ↓ ↓
https://www.poran.net/ito/download/vibemanapp