Sam's e-AT Lab

障害による困難さのある子どもたちの学習や生活を豊かにするためのe-AT(electronic Assistive Technology=電子的支援技術)に関する話題

カテゴリ: Windows

2018年12月21日のブログ視線入力マイスター養成講座をやっていますで紹介したように、福岡市内のPTさん&OTさんを対象とした視線入力マイスター養成講座を1〜2ヶ月に1回の割合で開催しています。

16回目となった今月は、3月9日(土)に福岡市立南市民センターで開催。

まずは、2019年3月3日のブログiPhone Xシリーズで視線入力できるVOCAアプリ【I Have Voice】がバージョンアップで紹介した「視線入力できるVOCAアプリI Have Voice (ALS, MND)」を参加者全員に試していただきました。
iPhoneX版【I Have Voice】の説明
視線入力マイスター養成講座で扱っている視線入力はWindowsパソコンとTobii Eye Tracker 4Cの組み合わせですが、True Depthカメラが搭載されたiPhone XシリーズやiPad Pro(第3世代)でも視線入力できるアプリが出てきましたので、「iOSでの視線入力がどういうものかを知らないと視線入力マイスターとは呼べません」というわけで試してもらいました。
プロジェクターに映し出した【I HaveVoice】
iPhoneX版【I Have Voice】を試している様子
実際にiPhone Xで視線入力している様子はコチラの動画が分かりやすいと思います。
 ↓ ↓ ↓

I Have Voice (ALS, MND)を試すデバイスが2台しかありませんでしたので、2名の方が試している間、他の方にはKAGURAを体験していただきました(写真はありませんが...)
KAGURAはインカメラの付いたパソコンにインストールすれば、カメラの前で体を動かすだけで音を奏でることができるアプリです。
文章では分かりにくいので、どのようなアプリかはコチラの動画をご覧いただくと分かりやすいと思います。
 ↓ ↓ ↓

続いて、2019年3月4日のブログ岩手県の菊池直実さんがOAK Camの設定を解説で紹介した「非接触型のスイッチ入力システムOAK Cam」の紹介。
OAK Camの紹介
OAK Camでどのようなことができるかは、コチラの動画をご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
160518OAK Camと4chリレーボックスで電動ファンを作動させる(←別ウィンドウが開きます)

続いて、島根大学の伊藤史人さんがプロデュースしておられる視線入力評価ツールを各自のパソコンにインストールして試してもらいました。
視線入力評価ツール
視線入力評価ツールを試す
視線入力評価ツールに挑戦
 ↑ ↑ ↑
島根県のOTさんが叩き出した最高得点(80点)を越えようと挑戦する参加者のみなさん

最後に、2019年2月13日のブログLook To Learnお試し版をダウンロードするにはで紹介したLook To Learnをインストールして、お試し版のゲームを試してもらいました。
Look To Learnを試している様子02
Look To Learnには視線マウスがついていませんので、miyasuku EyeCon LTまたはmiyasuku EyeCon Mouseを起動した上で使う必要があります。
実際の現場では、その点に気をつけることを併せてお伝えしました。
Look To Learnを試している様子01
 ↑ ↑ ↑
miyasuku EyeCon Mouseを起動してLook To Learnを試している参加者のみなさん

Look To LearnのCustard Pies(通称:パイ投げ)というゲームは、ランダムに表示される写真を次々と見てパイを投げつけるという内容です。
ターゲットとなる写真はパソコン内の写真に変更することができますので、その方法を試していただきました。

また、ゲーム終了後には視線の履歴を見ることができますので、その方法もお伝えしました。
Custard pies analysis
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2018年7月20日のブログ視線入力で文字をタイプする小学2年生と2019年1月2日のブログ視線入力で『しりとり』をする小学2年生がスゴい件で紹介した男の子がスキルアップしたという知らせが、担当のT先生から届きました。
視線入力で手紙を書く男の子
驚いたのは、およそ半年前は文字が書けなかったその子が、視線入力を利用して手紙を書いたということです。

肢体不自由のために鉛筆を操作することがうまくできない彼は、手紙に書く内容を考えて担当のT先生に原稿を書いてもらい、相手が読みやすい文字になるようにパソコンで書くことにしたそうです。

と言ってもキーボードやマウスを操作することは困難な彼...
でも、視線なら楽に動かせます。

そこで、Tobii Technology社の視線追跡装置Tobii Eye Tracker 4Cで視線入力しながら、Windows PC用意思伝達アプリmiyasuku EyeCon SWを利用して、文字タイプして手紙を書き、読み上げから印刷まで独力で行ったのです!

その様子をYouTubeにアップしましたので、是非ご覧ください。

T先生曰く「彼にとって、視線入力とmiyasuku EyeCon SWは”新しい鉛筆”です」

”新しい鉛筆”...イイ言葉です(^^)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

特別支援学校(肢体不自由)に在籍している子どもたちは、手足や体を動かす上での困難さがあるため、意思の表出・伝達がうまくいかないことが少なくありません。

意思を表出・伝達する上での困難さを補うために、パソコンやタブレット端末、スマートフォン、VOCAといったe-AT機器が活用されています。
それらのe-AT機器は、マウスやキーボードの操作、画面へのタップ等の操作、VOCA付属のスイッチへの入力によって使用できるようになります。

肢体不自由があるために、そういった操作が困難な子どもたちの場合、楽に入力できるスイッチやセンサーといった入力装置が不可欠です。
今では、肢体不自由のある方々が操作しやすいスイッチやセンサーが多数開発され、入手しやすくなってきましたが、その多くは物理的に力を加えることで作動します。

しかしながら、進行性の筋疾患などによる肢体不自由があり、既存の物理的なスイッチへの入力が困難な方々がいます。
そのような方々がスイッチ入力するための方法としてOAK Camという非接触型のスイッチ入力システムがあります。

OAK Camを使うには、インカメラが付いているWindowsノートパソコンまたはWebカメラを付けたWindowsパソコンが必要です。
ざっくり言うと、ノートパソコンのインカメラやWebカメラが機能するパソコンでOAK Camを起動した後、対象者の随意的に動かせる身体部位をパソコンに映し出して、OAK Camソフトウェアで空間にスイッチエリアを描いておけば、そのスイッチエリア内の色が変化するとスイッチONになるという仕組みです。

※下図の緑色の四角枠が空間に描いたスイッチエリアで、スイッチエリア内の手指を動かすと色が変化するので、スイッチがONになります。
OAK Camエアスイッチ起動
OAK Camで身体部位の動きを検知してスイッチがONになれば、パソコンのマウスクリックやUSB 4ch リレーボックス(別売り)を介した外部装置の電源ON、なんでもIR2(別売り)を介したリモコン操作が可能になります。

OAK CamUSB 4ch リレーボックスで乾電池式オモチャを作動させた動画をYouTubeにアップしています。
 ↓ ↓ ↓
160518OAK Camと4chリレーボックスで電動ファンを作動させる(←別ウィンドウが開きます)

OAK Camの設定方法を整理しないといけないなぁ」と思っていたら、岩手県の特別支援学校で教諭をしている菊池直実さんが、ご自身のブログとある教員の特別支援教育研究ノートで紹介してくださいました(^o^)/
 ↓ ↓ ↓
OAK Camの設定について(←別ウィンドウが開きます)
OAK Camのエアスイッチエリアの設定
 ↑ ↑ ↑
OAK Camのスイッチエリアを設定している様子
OAK Camのエアスイッチエリアに入力している様子
 ↑ ↑ ↑
頭を傾けてスイッチエリア(黄色い四角枠)に入力している様子
OAK Camのエアスイッチに入力してPCゲームをしている様子
 ↑ ↑ ↑
使用しているパソコンのディスプレイ上に表示された画面で、右側はOAK Camのモニター画面、左側はワンスイッチゲーム【コイン落としゲーム】の画面

また、どれだけ部位を動かしたかがヒートマップによって可視化できるモーションヒストリー機能についても紹介してくださっています。

OAK Camでできること(←別ウィンドウが開きます)
実際に子どもさんが使ってワンスイッチゲーム【野球盤】を楽しんでいる様子のYouTube動画も見ることができます。

また、秋田県の特別支援学校で教諭をしている高橋正義さんが、Kinect for WindowsとOAK Proを活用した実践をまとめた20160117-OAK報告書(PDF)もご覧いただくことができます。

①②ともに画像入りで、とても分かりやすく解説してくださっていますので是非ご覧ください。

※画像の掲載にあたっては、菊池直実さんの許諾を得ています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2018年12月21日のブログ視線入力マイスター養成講座をやっていますで紹介したように、福岡市内のPTさん&OTさんを対象とした視線入力マイスター養成講座を1〜2ヶ月に1回の割合で開催しています。
15回目となった今月は、2月23日(土)に福岡市市民福祉プラザ(通称:ふくふくプラザ)で開催。

まずは、2月16日(土)に株式会社ユニコーンさんの本社で開催された「miyasuku EyeCon勉強会」で学んだことの復習を兼ねた紹介です。

①miyasukuキーボードメーカーで作った動画再生キーボード
miyasuku EyeConを使う上で便利なショートカットキー
Ctrl+Alt+F1:Tobiiキャリブレーションの開始
Ctrl+Alt+F2:miyasukuキャリブレーションの開始
Ctrl+Alt+F3:視線入力のON/OFF
Ctrl+Alt+F4:操作パネルのON/OFF
③miyasuku版Gaze Traceの設定
設定(スパナマーク)→視線操作設定→視線追跡設定→【視線追跡を表示する】にチェックマークを入れる
④miyasuku Keyboardに追加されたSNS用キーの紹介(Facebookで「いいね!」を付ける方法など)
miyasuku KeyboardでFacebook
続いて、今回のメインテーマである【視線入力をする上で必須となる固定具のフィッテイング方法】をノートパソコン用パソッテルで演習。
まずは、パソコンの取り付け板の取り扱い方(上下左右の向き・パソコン幅調整プレートの調整方法・押さえ金具の使用法)
 ↓ ↓ ↓
パソッテル用ノートパソコン台の広げ方01
パソッテル用ノートパソコン台の広げ方02
続いて、パソッテルの支柱を上下するための支柱ロックノブやセーフティーロックピンの扱い方
 ↓ ↓ ↓
視線入力マイスター養成講座の様子01
パソッテルの基本操作を学んでいただいた後、ふくふくプラザの福祉用具展示場の車いすをお借りして、ユーザーを想定したフィッティングのコツを姿勢別でデモ
 ↓ ↓ ↓
車椅子ユーザーへのフィッティングデモ
ベッドを借りることはできませんでしたが、車いすをフルフラットにして仰臥位へのフィッティングをデモ
 ↓ ↓ ↓
仰臥位ユーザーへのフィッティングデモ
最後に、複数人でフィッティングを練習
 ↓ ↓ ↓
フィッティング練習03
フィッティング練習04
フィッティング練習05
視線入力マイスター養成講座に参加されているPTさん&OTさんは訪問リハを担当しておられますので、患者さんのご自宅に出向いてリハをされます。
視線入力をする場合、患者さんの目の位置とEye Trackerとの位置関係(距離と角度)が重要ですので、固定の良し悪しで成否が変わると言っても過言ではありません。

患者さんの楽な姿勢は千差万別!
多様な姿勢に対応するためにもパソッテルのような固定具があると便利です。

今回の内容を踏まえて、さらに視線入力マイスターへの道を拓いていってくださるものと信じています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

島根大学の伊藤史人さんがプロデュースしておられる視線入力練習ソフト【EyeMoT 3D_Game 01(通称:射的)】が、約1ヶ月ぶりにバージョンアップされました。
射的単軸モードのスタート画面
今回の目玉は、単軸入力(「単軸選択」とも呼んでいますby伊藤さん)ができるようになったことです。
単軸入力のために新しく追加された【UniAxialMode】
 ↓ ↓ ↓
射的単軸モードの設定画面
これまでの射的ゲームでは、ターゲットの画像を矩形範囲で選択して見つめる必要がありました。

しかし、脳性まひなどにより画面の位置を大まかにしか見ることができない子どもさんの場合、ターゲットの矩形範囲を見ることが難しい場合があります。

そういう子どもさんが利用することを想定して、左右方向の位置関係のみで選択できるように工夫されています。
射的単軸モードのゲーム画面
早速ダウンロードして、現任校の小学3年生に試してもらいました。
その時の様子をYouTubeにアップしましたので、興味のある方はご覧ください。
 ↓ ↓ ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ