Sam's e-AT Lab

障害による困難さのある子どもたちの学習や生活を豊かにするためのe-AT(electronic Assistive Technology=電子的支援技術)に関する話題

カテゴリ: 研修会/講演

来たる2019年2月17日(日)、ふくやまATさぽーと隊主催による【重症心身障がい児・者と支援者のための視線入力体験&相談会】が、広島県福山市において開催されることになりました。
190217視線入力体験相談会_案内チラシ
以下、主催者から届いた案内の一部を引用します。


1 日時
2019年2月17日(日)13:30~16:30(13:00~受付)

2 場所
福山市北部市民センター2階 学習室 ※エレベーター有
〒720‐1132 福山市駅家町倉光37-1

3 内容
(1)オープニング 13:30〜

(2)ミニ講演 13:35〜14:00
演題:視線入力ってなぁに?〜視線入力でデキルこと&必要な機器類について〜
講師:福島 勇さん(福岡市立今津特別支援学校教諭)

(3)体験会 14:00〜16:25
①視線入力体験
講師:引地晶久さん(西部島根医療センター作業療法士)、福島 勇さん(福岡市立今津特別支援学校教諭)

②視線マウスアプリ【miyasuku EyeCon Mouse】&視線入力にも対応した 意思伝達アプリ【miyasuku EyeCon SW】のデモ・体験・相談
講師:中島勝幸さん(株式会社ユニコーン社長)

③運動障害児・者が入力しやすいスイッチや VOCA 等のデモ・体験・相談
講師:戸室浩司さん(パシフィックサプライ株式会社広島営業所長))

(4)クロージング 16:25〜16:30

4参加対象 ※先着50組
重症心身障害児・者、その支援者(家族、療育・福祉・教育・保育担当者)、 運動障害児・者の視線入力や支援機器の活用に興味・関心のある方

5参加費 
一般2000円
障がい者、介助者1000円
※当日会場でお願いします

6参加申し込み方法
下記①〜③を記載した電子メールを mayukotarou2311@gmail.com 宛に送信して申し込んでください。
①名前、②障害の有無、③連絡先(電話番号・メールアドレス・住所)
また、視線入力や支援機器について尋ねたいことや困っていることがあれば、申し込みメールの最後に④質問として記入してください。

7問い合わせ先
Tel:090-1332-1592、Fax:084-976-8411 【ふくやまATさぽーと隊】堀田ゆみ

広島県福山市での視線入力の体験会は、おそらく初めてではないでしょうか。
福山市近郊の方で「書籍やネット情報で【視線入力】という言葉は知っているけれど体験したことは無い」と言われる方は絶好のチャンスです。

興味のある方は是非ご参加ください。

なお、案内チラシ(PDF)はコチラからダウンロードできますので、所属先や友人・知人へのお知らせにご利用ください。
 ↓ ↓ ↓
190217視線入力体験相談会in福山_案内チラシ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2018(平成30)年1月25日(木)の11:30〜12:30、第7回保護者向けICT活用講座を行いました。
GoogleHomeMIniの紹介
内容は、以下のとおりです。

①AIスピーカーGoogle Home Miniを使ってどのようなことができるか

②iDevices用VOCAアプリねぇ、きいて。の紹介とコンテンツの作り方演習

③iPad用VOCAアプリトーキングエイド for iPadの紹介

④iDevices用VOCAアプリごじゅーおんの紹介

「学習会に参加できなかった保護者にも見てもらいたい。」と役員さんから頼まれましたので、同僚に撮影してもらいYouTubeにアップしていますので、興味のある方はご覧ください。
 ↓ ↓ ↓

180125今津特別支援学校PTA主催第7回保護者向けICT活用講座(←別ウィンドウが開きます)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

来たる2019年2月9日(土)、鹿児島AT研究会主催による【九州e-AT研究会in鹿児島】が開催されることになりました。

主催者から届いた案内を以下に引用します。


【日時】2019年2月9日(土)12:30〜16:30(受付12:00〜)

【場所】鹿児島県立加治木養護学校(鹿児島県姶良市加治木町木田1784番地)

【プログラム】
12:00~12:30 受付

12:30~12:45 オープニング

12:45~15:30 リレートーク(途中休憩あり)
◯kosen-AT ネットワークにおける共生社会を目指した取り組み/清田 公保 先生 (熊本高等専門学校人間情報システム工学科教授)&神里 志穂子 先生(沖縄工業高等専門学校情報通信システム工学科准教授)

◯成功体験から導くコミュニケーション支援(仮) /伊藤 史人 先生 (島根大学総合理工学研究科助教)

◯特別支援教育で活用できるオンライン動画の紹介/金森 克浩 先生(日本福祉大学スポーツ科学部教授)

◯私は箸休め/大杉 成喜 先生(皇學館大学教育学部教授) 

◯Tobii Eye Tracker 4C と WindowsPC を使った視線入力で「デキル こと」を活かす/福島 勇 先生(福岡市立今津特別支援学校教諭)

15:30〜16:15 屋台コーナー(実践報告及び教材紹介)
九州 e-AT研究会では、支援機器を展示したり、実践を紹介したりするブースのことを「屋台」と呼んでいます。iPadを活用した実践や入力スイッチ、視線入力装置、自作教材などが出店する予定です。楽しい雰囲気の中で体験したり、学んだりすることができますよ!

16:15〜16:30 クロージング

19:00〜 懇親会@鹿児島市内

【参加費】1000円(高校生まで無料)

【申込方法】
①氏名、②ご所属、③懇親会の参加or不参加、をtoshikatsu2467@ybb.ne.jp宛にメールでお申し込みください。

【問い合わせ先】
鹿児島県立鹿屋養護学校 教諭 福山利克(
toshikatsu2467@ybb.ne.jp)
TEL 0994-44-5109

ということで、Samもリレートークに出馬予定です。
190209九州e-AT研究会in鹿児島_案内チラシ表
190209九州e-AT研究会in鹿児島_案内チラシ裏
なお、皇學館大学教育学部教授の大杉成喜さんのリレートークにおけるタイトルが「私は箸休め」となっていますが、「視線入力を含めた入力方法でNintendo Switchのマリオカートを楽しむ」といったe-Sportsネタだと思います。

また、島根大学総合理工学研究科助教の伊藤史人さんは、ネットによる参加になると思います。

案内チラシはコチラからダウンロードできますので、障害児・者へのAssistive Technologyの活用に興味関心のある方(学校の教員に限りません)は是非ご参加ください。
 ↓ ↓ ↓
190209九州e-AT研究会in鹿児島_案内
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2018-2019年冬休み期間中のラスト巡業は、2019年1月7日(月)愛媛県立新居浜特別支援学校川西分校でのコミュニケーションツール活用講習会でした。
FullSizeRender
同校の研修担当者からリクエストされたテーマは、肢体不自由教育における iPad 活用の工夫について。

時間は実質2時間でしたので、いつもの動画の視聴込みという講演スタイルではなく、持参した14台のiPadを触わっていただきながら以下の内容を演習しました。

①アクセシビリティ機能【アクセスガイド】の設定
アクセスガイドの設定
②アクセシビリティ機能【Assistive Touch】のカスタムジェスチャーの設定方法
iPad演習
③描画アプリを起動した画面にi+Padタッチャーを貼り付けて、設定した【Assistive Touch】のカスタムジェスチャー使って外付けスイッチに入力するだけで絵を描く方法

④外付けスイッチとi+Padタッチャー
を使って写真を撮る方法

外付けスイッチとi+Padタッチャースイッチヘルパー・ワンショットを使って連射せずに写真を撮る方法

⑥VOCAアプリたっち&びーぷの紹介と1つの音声メッセージの作り方

⑦VOCAアプリDropTalkの紹介
DropTalkの紹介
⑧電子絵本作成アプリOur Story for iPadの紹介

⑨某教科書会社が作ったデジタル教科書の紹介

Access Readingからダウンロードしたデジタル化した教科書データをApple Books(旧名iBooks)で読む方法

あっという間の2時間でしたが、40名以上の先生方が参加され(ほぼ100%)皆さん熱心に受講していただきました。

特にアクセシビリティ機能については、ほとんどの方がご存じなかったようで「これは便利だ」「これを使えば◯◯ちゃんが楽に使えそう」という声があちこちから聞こえました。

もっと時間があれば、「何のためにiPadをはじめとしたAssistive Technologyを使うのか」という話をしたかったのですが...

なお、当日配布した資料(PDF)はコチラからダウンロードできますので、需要のある方はどうぞご利用ください。
  ↓  ↓  ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会さんから標記の研修案内が届きました。

以下、主催者からの案内を以下に引用します。


【趣旨】
公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会は、平成20年度からボランティア団体等と協力して小中学校の発達障害など読みの困難がある児童生徒にデイジー教科書を製作・提供を行っています。
当初80名だった利用者は、平成29年度末は 8千名を越え、本年度は1万人を超える見込みで急速に普及しつつあります。
また、平成26年度からは、文部科学省の音声教材の効率的な製作方法等に関する調査研究事業として、デイジー教科書製作の効率化に取り組み、製作基準を整備するとともに教科書数を拡充し、平成30年12月現在では360冊を越え、検定教科書の約8割を提供しています。
本報告会では、デイジー教科書提供事業についてその取り組みと現状についての報告を行い、読みの困難 のある児童生徒へのデイジー教科書を活用した ICT 支援の実践、導入について、特別支援教育の専門家の視点、デイジー利用者の視点、入試への展望、などそれぞれの立場から有効な事例をご報告していただき、そこから得られた成果や課題を学び、今後のデイジー教科書のあり方と普及について考えます。

【日時】
平成31年2月24日(日) 13:30~17:00

【会場】
戸山サンライズ 大会議室

【定員】
140名(定員になり次第締め切ります。)

【参加費】
無料

【情報保障】
要約筆記あり。
希望に応じて手話通訳・ヒアリングループを用意。

【お問い合わせ】
公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
TEL:03-5273-0796
FAX:03-5273-0615
e-mail: daisy_c@dinf.ne.jp

【プログラム(予定)】
12:30-13:30 デイジー教科書、機器展示
13:30 開会挨拶
13:35-14:00 デイジー教科書の利用申請状況報告〜西澤 達夫(日本障害者リハビリテーション協会 参与)
14:00-14:45 デイジー教材の導入・活用について〜金森 裕治(大阪教育大学 特別支援教育講座 特任教授)
14:45-15:00 休憩
15:00-15:45 デイジーユーザー大学生からの提言〜小澤 彩果(立命館大学情報理工学部 学生)
15:45:16:30 センター試験及び「新テスト」における受験配慮でのIT活用 〜南谷 和範(大学入試センター 試験基盤設計研究部門 准教授)
16:30-17:00 質疑応答
17:00 閉会

参加申し込みは、下記こくちーずプロからどうぞ。
 ↓ ↓ ↓
https://kokucheese.com/event/index/550044/
メモをとる人
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ