Sam's e-AT Lab

障害による困難さのある子どもたちの学習や生活を豊かにするためのe-AT(electronic Assistive Technology=電子的支援技術)に関する話題

カテゴリ: 研修会/講演

来たる2019年9月8日(日)10:00〜15:00、宮城県仙台市青葉区一番町にある仙台市市民活動サポートセンターにおいて第17回楽暮プロジェクト・セミナーが開催されます。

そのセミナーにおいて、講演させていただくことになりました。
タイトルは「肢体不自由児のデキルを活かすICT・ATの活用〜シンプルテクノロジー、iPad、視線入力〜」です。
190908楽暮プロジェクトセミナー_案内チラシ
講演の概要は、以下のとおりです。


肢体不自由児は、遊びやコミュニケーション、学習をする上での困難さがあります。

何度やってもうまくいかない...そんな日々を繰り返すと「どうせ私がやってもデキナイや」という諦めの気持ちが生じ、受動的・消極的になってきます。

それを防ぐ方策として、彼らのデキル力を活かすことのできる支援機器の活用があります。

スイッチやiPad、視線入力などの支援機器を活用した事例を通して、彼らの自立と社会参加について考えてみましょう。

ちょっと大袈裟に書いてしまいましたが、特別支援学校(肢体不自由)に在籍する児童生徒の多くが重度・重複障害と診断・評価されています。

その結果、「この子は障害が重度だから◯◯デキナイ」「肢体不自由があるから◯◯デキナイ」という見方で周囲の大人が関わっていては、彼らの「デキル力」を見過ごす危険性があると思っています。

また、周囲からそういう見方をされると、子どもたち自身も「どうせ私がやってもデキナイや」という諦めの気持ちが生じ、受動的・消極的になってきます。

もちろん、何も手立てが無ければ彼らは「◯◯デキナイ」まま...

でも、現代にはテクノロジーがあります。
なかでもICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)を含めたAT(Assistive Technology=支援技術)は、彼らの
「デキル力」を活かす手立てになります。

彼らの自立や社会参加を考える上で、
彼らの「デキル力」を活かすATをどのように活用していったら良いかについて一緒に考えてみませんか?

以下、セミナーに関する情報を主催者のサイトから引用します。


【日時】 令和元年9月8日(日)10:00~15:00

【場所】 仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール
所在地:仙台市青葉区一番町四丁目1-3

【参加費】 2,000円(当日、会場でお支払い下さい。)

【定員】 90名

【タイムテーブル】
9:30 受付開始
10:00 オープニング(5分間)
10:05 1.講演:福島勇先生(110分間)
12:00 昼休み・展示
13:00 ・福島先生への質問と回答
13:30 2.実践報告
14:55 クロージング
15:00 情報交換・片づけ

【参加申込み】
以下の情報を電子メール rabo_event@yahoo.co.jp でお知らせください.
氏名、所属等(名札記載用)、連絡先:電子メールアドレスまたは電話番号等
「こくちーず」でも受け付けています 
◇締切:令和元年9月1日(日)
※当日参加も可能ですが,名札や資料の準備の都合がありますので,できるだけ事前にお申し込みください.

【駐車場】 近隣の有料駐車場をご利用ください。

【問合せ】 メール rabo_event@yahoo.co.jp ,問合せ内容と連絡先をお知らせください.折り返し,事務局から連絡させていただきます


告知用ポスターはコチラからダウンロードできるようになっています。
 ↓ ↓ ↓
告知用ポスター(PDF)のダウンロード先へ

杜の都でお会いしましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

開催まで、あと一週間となりました!!!

2019年4月30日のブログ2019年6月15日(土)は北九州市へGO!〜第4回DonTACイベントでお知らせしたイベントを再度案内します。

来たる2019年6月15日(土)10:00〜17:00(受付開始は9:30〜)北九州市戸畑区にあるウェルとばた(JR戸畑駅そば)において第4回DonTACイベントが開催されます。

「DonTACってなぁに?」「博多のお祭りのこと?」と思われる方もいらっしゃると思いますので、DonTACのサイトから抜粋します。
 ↓ ↓ ↓


DonTACとは...

お祭り好きの人々が集い年に1回行うイベント、かつ、それを運営する団体の名称です。

お祭りとは、生きづらさを感じる子ども達のデキルを引き出すためにAT・AACの考え方を軸に様々な支援やツールについて主体的に、まじめに楽しく学ぶ各研修会のことです。

お祭りは、現在のところ「ee-club」「ICTコミュニケーション研究会」「Team Finger」「築城AT・AAC倶楽部」が開催しています。

第4回DonTAC案内チラシ01
第4回DonTAC案内チラシ02
今年も豪華な内容・講師陣になっています。
Samは午後、各屋台をブラブラしたり、屋台⑪で店番(障害児・者へのICT/ATの活用に関する各種相談)したりする予定です。

なお、参加申し込みはコチラからお願いします。
 ↓ ↓ ↓
参加申し込みのためのこくちーずサイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年5月26日(日曜日)、社会福祉法人 交響さんが運営する就労継続支援B型事業所SOAR(ソアー) きつつきにおいて、第2回miyasukuワークショップが開催されましたので広島県広島市に行ってきました。

第2回miyasukuワークショップ案内チラシ
主催は、視線入力にも対応可能な意思伝達装置miyasuku EyeCon SWや視線マウスアプリmiyasuku EyeConシリーズを開発しておられる株式会社ユニコーンさんです。
スケジュールはコチラ
 ↓ ↓ ↓
ワークショップのタイムスケジュール
まるで、学校の授業のように1時間目から6時間目まであるかのようなタイムスケジュールで、4〜5人のグループが順繰りに各講師のブースを回るというビュッフェ形式。

それに対応する講師は、
株式会社ユニコーンから社長の中島 勝幸さん、副社長の沖野 公二さん、エンジニアの小川 忍さん、社会福祉法人島根整肢学園 西部島根医療福祉センターのOT引地 晶久さん、Samの5人。
レクチャーする中島さん
レクチャー中の沖野さん
レクチャーする小川さん
レクチャーする今野さん
レクチャーする引地さん
レクチャーする福島レクチャー中のSam
参加者数32名のうちわけは、特別支援学校の教員、PT・OT・STといったセラピスト、障害者支援事業所のスタッフ、重症心身障害児の保護者および当事者でした。

広島県内からの参加者だけでなく、東は滋賀県・和歌山県・岐阜県・東京都、西は山口県・福岡県、北は北海道の網走から参加された方もいらっしゃいました。
ワークショップ会場
ワークショップ全景
ランチタイムには、
社会福祉法人 交響の安部理事長のはからいでSOARのパンがふるまわれ、その間に現在開発中のmiyasukuスタンドの紹介もありました。

miyasukuスタンド全景
 ↑ ↑ ↑
miyasukuスタンドの全景
miyasukuスタンド
 ↑ ↑ ↑
miyasukuスタンドの機能を説明する中島さん
 ↓ ↓ ↓
miyasukuスタンドを説明する中島さん
また、miyasuku EyeCon SWのヘビーユーザーである白川 純さんも来訪され、高速入力を披露してくださると同時に、我々への熱いメッセージを届けてくださいました。
miyasuku EyeCon SWを使う白川さん01
miyasuku EyeCon SWを使う白川さん02
最後に全員で記念写真をパチリ!
集合写真
 ↑ ↑ ↑
写真最前列右端が社会福祉法人 交響の安部理事長


今回のワークショップでは、
miyasuku EyeConシリーズの使い方を学ぶことだけではなく、視線入力が必要な方々にその技術を届けるにはどのようにすれば良いかという支援者向けの内容でした。
その内容は詳しく書けませんが(というよりSamは「特別支援学校において視線入力を活用するには」というテーマでレクチャーしてましたので、他の講師のレクチャー内容は知らないのです(^_^;) )、体験会では得られない内容で、密度はかなり濃かったと思います。


参加者からは「これだけでは、まだ足りない」「また、やってほしい」という熱い声が
株式会社ユニコーンの中島社長に寄せられていましたので、第3回があるかもしれませんね。
視線入力で描いたマリオをPCの小川
 ↑ ↑ ↑
miyasukuキーボードメーカーで作ったマリオ的なキーボード(各色の四角がすべて何らかのキーなのです)を披露してくださった神エンジニア小川さん

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今年(2019年)3月23日(土曜日)〜24日(日曜日)に開催されて好評だった日本肢体不自由児協会主催の研修講座肢体不自由児のためのコミュニケーション支援機器活用講座~タブレットPCおよび視線入力装置を活用して~が今夏も開催されます。
令和元年度支援機器の活用開催要項1枚目
令和元年度支援機器の活用開催要項2枚目
期日は8月10日(土曜日)〜11日(日曜日)の2日間で、場所は前回と同じく心身障害児総合医療療育センター 療育研修所 (東京都板橋区小茂根 1-1-10)です。

以下、研修内容を開催要項(PDFでダウンロード可)から引用します。
 ↓ ↓ ↓


肢体不自由児の表現を豊かにするコミュニケーション支援機器の活用方法についてiPadなどのタブレットPCと視線入力装置の2グループに分かれ、それぞれ「基本設定」「ソフトの選択」「入力方法」「授業での活用実践」などを、専門的立場から指導にあたっている第一線の講師による講義と実習により受講します。

参加希望者は同協会のWebサイトから申し込むことになっており、5月27日(月曜日)朝9:00から下記サイトで始まりました。
 ↓ ↓ ↓
Web申し込み

毎回、申し込み開始直後に定員に達するという人気の研修講座ですので、参加をお考えの方はお早めに申し込まれることをオススメします。

なお、参加対象は【特別支援学校・療育関係者】となっていますので、特別支援学校の教員じゃない方でも申し込みできます。(詳細は日本肢体不自由児協会にお問い合わせください)

今年3月に開催された研修講座の様子はコチラをご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
行ってきました!〜日本肢体不自由児協会主催【肢体不自由児のためのコミュニケーション支援機器活用講座~タブレットPCおよび視線入力装置を活用して~】①

行ってきました!〜日本肢体不自由児協会主催【肢体不自由児のためのコミュニケーション支援機器活用講座】②

行ってきました!〜日本肢体不自由児協会主催【肢体不自由児のためのコミュニケーション支援機器活用講座】③

行ってきました!〜日本肢体不自由児協会主催【肢体不自由児のためのコミュニケーション支援機器活用講座】④

行ってきました!〜日本肢体不自由児協会主催【肢体不自由児のためのコミュニケーション支援機器活用講座】⑤

行ってきました!〜日本肢体不自由児協会主催【肢体不自由児のためのコミュニケーション支援機器活用講座】⑥
IMG_1731
 ↑ ↑ ↑
左から谷本式慶さん、Sam、伊藤史人さん、金森克浩さん、外山世志之さん、禿嘉人さんの講師陣(昨年8月の講座の時に撮影した写真です)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

来たる2019年9月1日(日)9:00〜17:00、奈良県北葛城郡広陵町にある畿央大学においてなんとカンファレンス2019夏が開催されます。
190901なんとカンファレンス夏ちらし01
2012年に始まった【なんとカンファレンス】は、参加者全員が福祉・特別支援の専門家とともに障がい支援について「なんとカしよう!」と奈良の地で楽しく考えるカンファレンスです。

主催者から案内が届きましたので、以下に引用します。


【なんとカンファレンス2019夏】
◾️主催:なんとカンファレンス実行委員会

◾️後援:奈良県教育委員会、一般社団法人日本支援技術協会

◾️会場:畿央大学(奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2)

◾️参加費:1,000円(小学生以下は無料)

【スケジュール】
830-900:受付

900-930:オープニング
◾️MC:村瀬直樹(なんとカンファレンス実行委員長/奈良県立明日香養護学校)

930-1130:基調講演
【演題:AT(支援技術)を活用するとは、コンビニエンス(便利さ)の違いなのかも…】
◾️講師:高松崇氏(NPO法人支援機器普及促進協会理事長、京都市教育委員会専門主事)
※「UDトーク」によるリアルタイム同時字幕付※担当:上林玲子氏(RoiS株式会社)
◾️内容 ・ICT機器を利用することは一見便利そうですよね! でも私にとっては結構不便なものです。ICTは便利! というのはある意味その通りですが、ちょっと見方を変えれば別の側面が見えてきます。タブレット端末が世間に出て10年という節目に改めて考えてみましょう。

1130-1230:昼食・休憩

1230-1400:セッション①【高松崇&おがっちpresents】
【あのぉ今さらなんですがぁ…みんなでiPadを体験しよう!】
◾️MC:高松崇氏(前掲)、小川修史(なんとカンファレンス実行委員/兵庫教育大学大学院)
◾️内容 ・支援機器としてだけではなく、普段の生活の中に当たり前のように使われるようになったタブレット端末。その代表格であるiPadを支援機器普及の第一人者・高松崇さんとモチベーション支援の第一人者・おがっちともに『改めて体験』することで、支援機器の可能性と限界、そして本当に障がい支援に必要なものは何かをグループで話し合うワークショップ。

1400-1415:休憩

1415-1615:セッション②【屋台店主presents】
【みんなで展示品にがっつり向き合ってみよう!】
◾️内容 ・ご参加頂いている屋台展示を参加者にしっかり見ていただくのと理解していただくのを目的とした、参加者全員によるワークショップ。今年も参加希望者からの屋台店主を募集します!参加申し込み時に合わせて出店申し込みをお願いします。
◾️屋台店主(順不同・変更になる場合があります)
・上林玲子氏(前掲)
・藤井理夫氏(ラーゴムジャパン株式会社)
・高田裕美氏(株式会社モリサワ)
・鷹野裕氏(ヴイストン株式会社)
・加藤愛子氏(アクティブカラーセラピスト)
・田代洋章氏(テクノツール株式会社)
・濱田滋子氏(NPO法人NaD)
・有志による学生チーム、希望者による屋台 他

1615-1645:クロージング
◾️MC:村瀬直樹(前掲)・小川修史(前掲)

【展覧会・展示】
・Kentarrow×玲音 二人展(写真)/代表:川田健太郎氏
・えほんの広場(絵本展示)

案内チラシ(PDF)はコチラからダウンロードできますので、お知り合いの方に配布していただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
なんとカンファレンス2019夏(PDF)

参加申し込みならびに概要はコチラからどうぞ!
 ↓ ↓ ↓
こくちーずのサイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ