Sam's e-AT Lab

障害による困難さのある子どもたちの学習や生活を豊かにするためのe-AT(electronic Assistive Technology=電子的支援技術)に関する話題

カテゴリ: AAC

社会福祉法人日本肢体不自由児協会が、主に保護者向けの情報誌として毎年6回発行しているはげみ第386号(令和元年6/7月号)が2019年6月10日に発売されました。

表紙及び巻頭言の「広場」と目次は、コチラからご覧いただけます。
 ↓ ↓ ↓
https://www.nishikyo.or.jp/file.html?path=5-1390-c006-565415d009dfb4dd3e
はげみ386号の表紙
はげみ386号の目次
以下、目次を引用します。


特集 シンプルテクノロジー ~アナログな装置やスイッチ1つの簡単な機器などで活動を広げる~ 

巻頭言(広場)シンプルテクノロジーとは→金森 克浩 p.2

解説1 シンプルテクノロジーとは?→福島 勇 p.4

解説2 身の回りにあるものを活用して簡単に作れるシンプルテクノロジー →杉浦 徹 p.15

実践1 子どもが楽しめる楽器演奏
1 作ってみよう、鳴らしてみよう→川村 龍子 p.22
2 シンプル楽器の活用事例→鹿角 昌希 p.26

実践2 ローテク教材を活用した子どもへの支援→山口 拓哉 p.29

実践3 キッズバリアフリーフェスティバルにおけるシンプルテクノロジー→下元 佳子 p.35

実践4 教材100連発!より→本田 祐介 p.39

実践5 コミュニケーションを豊かにする1スイッチVOCA→太田 直樹 p.43

実践6 「使う人たちとのコラボ」による「ものづくり」〜「遊び心」と「生きる力」〜→山本 肇・山本 淳子 p.49

実践7 77歳の現役女子高生が使うシンプルテクノロジー→菊地 直実 p.54

実践8 うえもん工場長が作るシンプルテクノロジー→坂上 茂 p.60

執筆陣は、我が国のAssistive Technology活用におけるトップランナーばかりです。

僭越ながらSamも〈解説1 シンプルテクノロジーとは?〉というタイトルで11ページに渡って拙文を寄稿させていただきました。

巻頭言は、日本福祉大学教授の金森克浩さんが書かれていて、その最後に次のようなことが書かれています。


さて、前述のような理由から今回の特集では、沢山の方に協力してもらい、さまざまなシンプルテクノロジーのアイデアと実践を紹介しています。

本誌を参考に、皆さんの学校や家庭の状況に合わせてシンプルテクノロジーを実践してみませんか。

大切なのは、子どもの生活が豊かになることです。

そのためには、豊富なアイデアが欠かせません。

「スイッチを押したら音が出る」という機器があったとして、あなたならどんなことを考えるでしょうか?

「挨拶をする」だけではなく「人を呼ぶ」、「声に反応するおもちゃを動かす」などということもあります。

ある学校では、 音楽を流して、椅子取りゲームの進行役をスイッチ1つでやっていたそうです。

シンプルテクノロジーは、使う人によって活かされる場合もつまらないものになってしまう場合もあります。

この特集を読んで、是非豊かな発想を生み出してもらいたいと思います。

シンプルテクノロジーを活用する上で欠かせない考え方だと思います。

興味のある方は、是非ご購入の上お読みください。

なお、購入申し込み&問い合わせは日本肢体不自由児協会の該当ページに書かれているように、下記TEL、FAX、Mailで受け付けているそうです。
 ↓ ↓ ↓
TEL 03-5995-4511
FAX 03-5995-4515
Mail soumu@nishikyo.or.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年4月16日のブログ【必見】支援技術とは...を語るYouTube動画や2019年5月1日のブログ【必見】AACとは...を語るYouTube動画で紹介したatacLabさんのAACオンデマンド第3弾が公開されました。

タイトルは障害の理解です

東京大学先端科学技術研究センターの中邑 賢龍さんが、環境調整やテクノロジーによる能力の拡大や代替を認めればImpairment(=機能形態障害)があってもDisability(=能力障害)やHandicap(=社会的不利)を感じずに生活できるようになってきていて、障害をどのように捉える時代になってきているかというこを語っておらる動画です。

12分20秒ぐらいから語られている「まとめ」として、次のことが挙げられています。


障害は固定化した状態だと考えられてきたが、

テクノロジーの発達による能力の拡大・代替が可能になり、インフラ整備でコミュニケーション環境が変わることで、障害の状況はダイナミックに変化する

活動の多様性を社会が認めれば、
医療的診断で障害があると言われている人の多くが、社会的には障害をあまり意識することなく生活できる状況が生まれている

特別な支援や配慮を必要とする子どもたちの教育や療育に携わる方々には是非ご覧いただきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

皆さんはトーキングエイドというコミュニケーション支援機器をご存知でしょうか?

日本におけるVOCAの草分け的存在として、リハビリテーション工学の専門家が株式会社ナムコ(現在は、株式会社バンダイナムコホールディングス)と一緒に開発した機器で、機器本体に組み込まれた五十音ひらがなキーボードを押すと発音しながら文字をつづることができ、文章が完成すると一気に読み上げるという機能がありました。
初代トーキングエイド
その後、何度かのバージョンアップをくり返し、日常生活用具の給付品目にも指定された関係から、肢体不自由特別支援学校でも言葉がうまくしゃべれない子どもたちの意思伝達装置として活用されていました。
トーキングエイドライト
iPadが世に登場するようになると、トーキングエイド for iPad テキスト入力版というアプリの登場とともに姿を消していきましたが、2019年3月トーキングエイドプラスという名前で新しく登場しました。

2019年5月13日のブログ行ってきました!〜第2回重症児の家族が育児を楽しむための支援機器体験会で紹介したように、機器展示に来ていただいたテクノツールさんのブースでは、装着型エアマウスZonoやアームサポート用具MOMOに加えて、トーキングエイドプラスが展示されていました。
トーキングエイドプラス
トーキングエイドプラスには、以下のような新しい機能が搭載されています。
①翻訳機能
②従来のひらがな・カタカナ・英数に加えてDropsシンボルがキーボードに追加されました
③文字のフォントや大きさを変更することができるようになりました
④キーボードの左右反転やアルファベットの配列の変更ができるようになりました

従来からある五十音ひらがなキーボードを表示したトーキングエイドプラス
 ↓ ↓ ↓
トーキングエイド+五十音
Dropsシンボルが配列されたキーボードを表示したトーキングエイドプラス
 ↓ ↓ ↓
トーキングエイド+Drops

ストラップ付きの「プロテクトケース」が標準装備になっていて持ち運びに便利ですね。
また、誤入力を防ぐための「キーガード」も標準装備という点もありがたいです。

ブースで翻訳機能を試してみましたので、その動画をYouTubeにアップしました。
興味のある方はご覧ください。

※当ブログ記事に掲載している写真ならびに動画の撮影&公開についてはテクノツールさんの許諾を得ています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年4月1日のブログアメリカ西海岸にて⑧~Assitive Technologyで人生を切り拓こうとするマイケルさんに会ってきましたで紹介したマイケル山田さんは、自分のデキル動きで入力することが可能なJelly Bean Switch(左手の位置にグーズネック式アームで固定されています)を使って、乾電池で動くオモチャ等の装置や家電品をON/OFFするというSimple Technologyを暮らしの中で活用しておられます。

Samがアメリカ合衆国カリフォルニア州Pasadenaにある山田さんのご自宅を訪問した際、マイケルさんは得意な左手の動きでJelly Bean Switchに入力しておられました。
笑顔で歓迎してくれるマイケル
その日にLos Angelesで開催されたAssistive Technology活用セミナーの個別相談会の際、Jelly Bean Switchなどのプッシュ式スイッチに貼り付けると入力しやすくなるQスイッチ(VOCAやスイッチの上面に貼り付けることで入力操作を助ける部品)を紹介したところ、マイケルさんのお母様である山田香苗さんがソッコーで購入されました!
Qスイッチ
先日、マイケルさんが、Simple Technologyを活用して家庭の中で役割を担っている様子の動画を香苗さんがFacebookで紹介してくださいました。

以下、香苗さんがFacebookに投稿された文章を引用します。


福島先生お勧めのQスイッチは優れものですね!

めっちゃ役立ってます。

垂直に押さえなくても斜めにずれてもオンになるし、咳などして思い切り手が当たっても柔らかいから痛くないし、重宝してます。

マイケルさんのスイッチ入力の様子
肢体不自由のある方々がスイッチに入力する上で支援者が考えなければならないことは、「本人が楽に動かしやすい身体部位を見つけ、入力しやすい位置にスイッチを設置(=固定)すること」だと思っています。

そういう意味でとても貴重な動画なので、「YouTubeに動画を公開しませんか」と香苗さんに相談したところ、快諾していただきましたので、タイトルを付けてYouTubeに公開させていただきました。

動画では、Qスイッチを貼ったJelly Bean Switch(グーズネック式アームで固定)にマイケルさんが左手で入力します。

すると、PowerLinkに繋いだブレンダー(=ジューサー)が作動して、ジュースができあがるという仕組み=Simple Technologyです。
PowerLinkとブレンダー
これは、家庭におけるマイケルさんの役割であり、社会参加の一環なのです!

「自分がデキルことで自分が属する社会に貢献すること。これが障害者・児の社会参加の形なのだ。」と1999年に訪米した際に出会った特別支援教育に関わる研究者や教育者が口々に話してくれたことです。

どんな形で社会参加していくかについて、マイケルさんの事例を通して考えてみませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログを始めて2年目に突入しました!
1年前の今日「1日に1ブログ記事を書いてみよう」と思って始めましたが、多くの方からの情報を提供していただいたおかげで何とか1年もちました。

今後ともよろしくお願いいたします。

さて、2年目のスタートはSamのライフワークであるAACに関する記事にします。

2019年4月16日のブログ【必見】支援技術とは...を語るYouTube動画で紹介したatacLabさんのAACオンデマンド第2弾が公開されました。

タイトルはAACとはです

東京大学先端科学技術研究センターの中邑 賢龍さんがAAC(Augmentative and Alternative Communication=拡大・代替コミュニケーション)について説明している動画です。

8分55秒ぐらいから語られるAACの基本的な考え方(=一番重要なポイント)として、次のことが挙げられています。


手段にこだわらず、
残存機能を活用し、
今できる、
最善の手段を確保して

特別な支援や配慮を必要とする子どもたちの教育や療育に携わる方々には是非ご覧いただきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ