Sam's e-AT Lab

障害による困難さのある子どもたちの学習や生活を豊かにするためのe-AT(electronic and information technology based Assistive Technology=電子情報通信技術をベースにした支援技術)に関する話題

2018年5月7日のブログで紹介した金魚のエサやりマシーンがバージョンアップしました!子どもたちがデキルことを活かすための教材作りの達人K先生の力作です。生き物係の子どもたちが好きなウルトラマンのフィギュアにエサを入れたコンテナを持たせ、外付けスイッチに入力する ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月9日(土)、福岡県大牟田市にある独立行政法人国立病院機構大牟田病院で開催された国立病院機構九州グループ主任保育士協議会主催学習会で講演してきました。テーマは【重症心身障害児・者のデキル力を生かすテクノロジーの活用 〜スイッチ・センサーの活用から ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年度(2017年度=平成29年度)、22年ぶりに現任校に戻ってきた際、先生方や保護者から真っ先にリクエストされたのが視線入力でした。とは言え、みなさん「視線追跡装置が安くなったから、スイッチ入力も難しい重度・重複障害児でもパソコン等ICT機器が操作できるんじゃない ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

肢体不自由の程度が重度だと評価されている子どもたちでも、「指をほんのわずか動かせる」とか「頭を動かせる」と「言葉を話すことはできないけれど声を出すことはできる」といったように、デキルことはあるはずです。2018年5月8日のブログSimple Technology①〜乾電池で作動 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Samの講演でも紹介させていただく神戸在住の岡本 興一 (Koichi Okamoto)さんが6月2日(土)に自身の母校である育英高校で講演されました。その時の様子が神戸新聞で紹介されています!神戸新聞を購読しておられるみなさんは、今朝の紙面を是非ご覧ください!神戸新聞を購読し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年5月25日の参院本会議において、タブレット端末などで利用できる「デジタル教科書」を正式な教科書と同様に使えるよう認める改正学校教育法が全会一致で可決、成立しました。日本経済新聞によると、文部科学省は、小学校で新学習指導要領が全面実施される2020年度以降、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年(2017年)11月に開催された視線入力シンポジウムの第2弾【実践者のための視線&スイッチ入力のシンポジウム in 出雲国】が、来たる7月29日(日)に開催されることが決定しました!以下、主催者である伊藤史人さんのブログより引用【概要】 日 時:7月28日17時00分から ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

特別支援教育におけるICT機器と言えば、教育用アプリの豊富さとアクセシビリティの充実といった観点からiPadが多くの現場で使われているように思います。前任校に勤務していた2011年にiPad2が登場してすぐ、事務に交渉して公費で導入してもらいました。それまで、特別支援教 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年5月24日のブログで視線入力のカギはディスプレイとEye Trackerの固定にありというタイトルで投稿しました。現任校では、子どもたちの姿勢や車いすの形状に対応するため、外付けディスプレイ(23.8インチまたは21.5インチ)を川端鉄工所株式会社のパソッテル液晶ディス ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログに限らずYouTubeでもFacebookでも視線入力装置の活用に関するネタを紹介しているSamです(^^;以前から視線入力装置はありましたが、とても高価なものでした。Amazonで20,000円以下で購入できるTobii Eye Tracker 4Cが世に出て以来、視線入力に関する講習会が各地で ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ