iDevicesで紙相撲(=トントン相撲)ができるどすこい!バトルというアプリをFacebook友達から紹介してもらいました。
どすこい!バトルAppプレビュー
どすこい!バトルは、1人でiDevicesと対戦するモードと2人で対戦するモードがあります。
遊び方は、画面の下に表示される《タップ》と書かれた手形アイコンをタップするだけです。
《タップ》と書かれた手形アイコンをタップすると、「どすこい、どすこい」と言いながら、お相撲さんが相手に向かって行きます。

肢体不自由があるためにiDevicesの画面をタップすることが困難な場合、iOS/iPadOSのアクセシビリティ【スイッチコントロール】の《レシピ》機能を利用すれば、アクセシビリティスイッチに入力するだけで遊べるようになります。
その方法を紹介した動画をYouTubeにアップしました。
 ↓ ↓ ↓
iPadOS14.1のスイッチコントロール《レシピ》機能を利用してアクセシビリティスイッチに入力してiDevicesアプリ【どすこい!バトル】で遊ぶ方法20201022_#0526

この動画については、いつもお世話になっている日本福祉大学の金森 克浩さんもブログで紹介してくださっています。
 ↓ ↓ ↓
「アプリ」どすこい!バトルをスイッチで操作する方法を動画で紹介
そのブログ記事の中で、次のようなことが書いてありました。


私が試したところではタップの動作を登録するときに左だけ画面を複数回タップしてみました。

そうすると、左のボタンを1回だけ押しても、画面上では複数回押すことができます。

つまり、ハンディを付けることができます。

肢体不自由のある子どもが使う場合、なかなかアクセシビリティスイッチが押せない可能性があります。

そうすると、負けてしまいます。

ですので、そこら辺の調整をして互角の対戦成績にできるようにすることができます。
とても大切な視点ですね。

また、スイッチコントロールのレシピ機能を使わなくてもi+Padタッチャーがあればアクセシビリティスイッチに入力するだけで遊べます。
IMG_6469
どすこい!バトルは無料アプリですので、興味のある方は試してみてください。