子どもたちは走ることが好きです。
しかしながら、肢体不自由児の中には走ることも歩くこともできない子どもたちがいます。
そこでSamは、20年以上前から座位保持いすに乗ったまま移動できる電動移動遊具を作って、肢体不自由のある子どもたちに使ってもらっていました。
 ↓ ↓ ↓
肢体不自由児のための外部スイッチ入力で走る電動カー20141023_#0015
また、介助型車いすの後方ステーに取り付けるタイプの電動移動遊具(「電動カーユニット」と呼んでいます)も作成。
 ↓ ↓ ↓
170622小4座位保持機能付き介助型車椅子に座ったまま移動することができる電動カーユニットに乗り、外付けスイッチに入力して移動する20170623_#0068

150204座位保持機能付き車いすに乗ったSMA児(小1年)が1スイッチで作動する電動カーユニットで走る20170625_01#0069

電動カーユニットは市販されている幼児用電動乗用車というオモチャを改造しただけなので、パワーがありませんし、進行方向も基本的に前進のみです。

2018年の1学期、現任校のPTA会長から「佐賀大学さんからDon Don Ikoo(「どんどんいこー」と呼びます)を借りられるようになりました。」という話がありました。
DonDonIkoo本体
Don Don Ikoo(どんどんいこー)は、様々な姿勢保持装置に乗ったまま外付けスイッチや専用コントローラーを操作するだけで移動できる移動支援遊具です。
 ↓ ↓ ↓
181016中3年-外付けスイッチ代わりの音声出力装置BIGmackに入力して電動移動遊具Don Don Ikooで廊下を走る

また、miyasuku Keyboard Makerで作ったキーボードとローコスト視線入力装置Tobii Eye Tracker 4Cを利用して、Don Don Ikooで移動できるように工夫したこともあります。
視線入力とDonDonIkooで移動する工夫
視線入力で移動する工夫20181018_#0259

しかしながら、Don Don Ikooを購入するのは一苦労...
そんな折、株式会社今仙技術研究所さんが小児用移動支援機器BabyLoco(ベビーロコ)を2020年10月から販売を開始されました。
BabyLocoカタログ01
BabyLocoカタログ02
BabyLocoカタログ03
BabyLocoカタログ04
BabyLoco(ベビーロコ)の価格はオープンとなっていますが、株式会社今仙技術研究所さんと取引のある福祉機器業者さんから購入できるそうです。
BabyLoco(ベビーロコ)を使って風を切って走る子が増えるとイイですね。
また、群馬県前橋市にある株式会社るーとさんのBigSmileLocoやSmileLocoもパワーがあり、4方向に進めます。

こういった移動支援機器が、全国の特別支援学校(肢体不自由)にあって、追いかけっこしたり、好きな子の教室に行ったり、運動会の徒競走に出場したり...
入力手段にこだわらず、子どもが得意な動作で、そんなことができると良いなぁと思っています。

なお、このブログ記事で取り上げたBabyLoco(ベビーロコ)のカタログやURLの利用は株式会社今仙技術研究所さんの許諾を得ています。
この場を借りて御礼申し上げます。