西オーストラリアPerth在住のSam Renは、脳性まひによる四肢麻痺のある障害当事者です。
Sam Ren
日常生活の大部分で介助を必要としているそうですが、ICT機器を活用するスキルがスゴく、映画製作のプロデューサーをしているのです!
その彼が使っているICT機器は主にMacで、車いすのヘッドレストに付けたアクセシビリティスイッチを使い分けながらスイッチコントロールで入力しています。
Macにスイッチコントロールで入力
車椅子のヘッドレストに配置されたスイッチ
そのSamが2021年3月3日に、自分がどのようにしてMacを使っているのかという動画をYouTubeにアップされました。
 ↓ ↓ ↓
How I use my computer with Cerebral Palsy.

同じくオーストラリア在住のChristopher Hills(通称Chris)のYouTubeチャンネルにアップされた動画と併せてご覧いただくとスイッチコントロールのことがよく分かると思います。
 ↓ ↓ ↓
One switch. One head. The world.

Switch Control: Security, Typing and Shortcuts

また、テクノツールさんのブログtech4allに書かれている記事はたいへん参考になりますので、併せてこちらもご紹介!
 ↓ ↓ ↓
スイッチでMacを操作する その1ーアクセシビリティ機能のキホン
Macのスイッチコントロールについての概説と設定する方法について書かれています。
スイッチでMacを操作する その2ーアクセシビリティ機能のキホン
Macのスイッチコントロールを外付けスイッチで操作する上での具体的な方法について書かれています。
スイッチでMacを操作する その3ーアクセシビリティ機能のキホン
実際に使っておられるユーザーさんの動画のリンクも貼ってあるので、より詳しい使い方が分かります。

なお、このブログ記事で取り上げた情報の掲載についてはSam RenさんとChristopher Hillsさんの許諾を得ています。
Thank you Sam and Chris.