2021年6月15日、YouTubeが「@assistechdesignが新しい動画を公開されましたよ」と通知してくれました。
その動画がコチラ!
 ↓ ↓ ↓
Assistech Design Lab

いつもお世話になっているアシステック・オンラインショップさんが開発されたテンプラー筋電位スイッチを使って電動車いすを操作しておられる脳性まひ当事者の方の様子です。
テンプラー筋電位スイッチ
テンプラー筋電位スイッチとは、歯を噛みしめることによりる発生する側頭筋の筋電位をコメカミの位置で検出し、その電位を増幅してマイクロコントローラ(MCU)に接続できる信号に変換する入力装置のことです。
 ↓ ↓ ↓
http://www.gadgeban.com/project/no005.php
テンプラー筋電位スイッチのメカニズム
上記の動画は、テンプラー筋電位スイッチを電動車いすの入力装置として使った例の動画です。
筋電位電動車いすのシステム構成
元々は、こちらのクラウドファンデイングで資金を募って完成したものだそうです。
 ↓ ↓ ↓
http://www.gadgeban.com/project/no005.php
紹介動画がコチラ!
 ↓ ↓ ↓
未来の車いすプロジェクト@GadgetBank

テンプラー筋電位スイッチについては、こちらのサイトでも詳しく紹介してあります。
 ↓ ↓ ↓
https://protopedia.net/prototype/1553
アクセシビリティー電動車いす+新con20191117

なお、テンプラー筋電位スイッチは、送料1,040円を負担すれば4週間をめどに貸し出ししてもらえるそうです。
 ↓ ↓ ↓
テンプラー筋電位スイッチ 貸出
電動車いす用としてだけでなく、アクセシビリティスイッチのフィッティングに悩んでいる三重県のFK君が使えないかなぁ...