Samが普段使いしているパソコンはApple社のMacBook Airですが、macOSが進化するたびに「Apple製品は連携機能に優れているなぁ」と思います。
例えば、Macの画面をiPadにミラーリングするSidecar機能
 ↓ ↓ ↓
Sidecar機能を利用してMacの画面をiPadにミラーリングしてみました
Mac上のSidecarの設定画面
ApplePencilを使っている様子
MacとiPadでファイルをやり取りしたり、Macから受け取ったファイルをiPad上のアプリで開いたり、Macのキーボードを使ってiPadのアプリに文字を入力したり、逆にiPadからMacを操作したりすることが可能になるユニバーサルコントロール機能
 ↓ ↓ ↓
iPadOS15.4のアップデートで追加された機能②〜ユニバーサルコントロール
ユニコンをONにしたMacのディスプレイ設定画面
MacからiPadにユニコンで画像を転送
他にも、1つのデバイス(iPhone、iPad、iPod touch、Mac、またはApple Watch)で始めた作業を、中断したところから別のデバイスで再開することができるHandoff機能もよく利用しています。
Handoff機能
そんな折、「iPadの画面をMacにミラーリングできませんか?」という問い合わせが寄せられました。
上述したSidecar機能の逆っていうことですね。

macOS Monterey以降のMacとiOS14/iPadOS14以降のiPhone/iPadであれば、macOSのAirPlayレシーバー環境設定を使ってiPad/iPhoneの画面をMacにミラーリングすることが可能になります。
macOSとAirPlayレシーバー
この方法は「MacにAirPlay」と呼ばれていて、アーリーテックスhttps://www.earlyteches.com/)さんのコチラの記事で設定方法などが詳しく説明されています。
 ↓ ↓ ↓
「MacにAirPlay」する方法!iPhone、iPad、Macからアーリーテックスさんの該当記事へ)
「MacにAirPlay」ができるMacは以下のとおりです。


MacBook (2018 年以降に発売されたモデル)
MacBook Pro (2018 年以降に発売されたモデル)
MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
Mac mini (2020 年以降に発売されたモデル)
iMac (2019 年以降に発売されたモデル)
iMac Pro
Mac Pro (2019 年以降に発売されたモデル)
Mac Studio
また、対応しているiPhoneはiPhone 7 以降で、iPadシリーズは以下の機種が対応しています。


iPad Pro (第 2 世代) 以降
iPad (第 6 世代) 以降
iPad Air (第 3 世代) 以降
iPad mini (第 5 世代) 以降
なお、アーリーテックスさんのYouTubeチャンネルで解説動画が公開してあります。
 ↓ ↓ ↓
「MacにAirPlay」する方法!iPhone、iPad、Macから(YouTube動画へ)

上記機種をお持ちの方は、試してみてはいかがでしょうか。
 なお、当ブログ記事を書くにあたり、アーリーテックスさんからサイト情報の使用に関する許諾をいただきました。
この場をお借りして感謝申し上げます。