佐賀県佐賀市にある医療的ケア児者対応の重心型デイサービス&日中一時支援事業所にこっと(nicotto)さんでのe-AT活用のサポート6月分の記録第3弾です。
第1弾と第2弾の内容はコチラをご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
佐賀市にこっと(nicotto)さんでの6月分e-AT活用サポート①〜Cosmoスイッチでシャボン玉を飛ばそう
Cosmo Switchでシャボン玉遊び
佐賀市にこっと(nicotto)さんでの6月分e-AT活用サポート②〜Sensory Eye-FXを視線入力で試す
IMG_D0631704C93E-1
第2弾で紹介した小学6年生のAさんは、当日絶好調でした!
Sensory Eye-FXを視線入力で操作している最中、就学前の子どもさんがムズがっていました。
そこで、サウノス有限会社が開発し無償頒布している楽器演奏アプリSOUNOS VALKAで、癒やしの音をその子に聞かせるようにしてみました。
SOUNOS VALKAで癒やしの音を奏でる
SOUNOS VALKAを視線入力で利用するには、視線追跡装置(=Eye Tracker)と視線マウスアプリが必要ですので、視線マウスアプリとしてmiyasuku EyeConLT2を使用しました。
当日撮影した動画をYouTubeにアップしています。
 ↓ ↓ ↓
220627小6年-Windows用楽器演奏アプリSOUNOS VALKAに視線で入力して音を奏でる20220702_04#0704(YouTube動画へ)

プレビュー画像でも分かるように、まぶたをしっかり開けて目を動かしていました。
まるで、ムズがる子をあやすかのように...
その癒やしの音を聞いた幼児が次第に泣き止むと、スタッフさんから「Aさん、ありがとね。助かったよ。」と感謝されたことは言うまでもありません。

異年齢の子どもたちが集まる場で、年長の子どもが年少の子どもの面倒を見ることって、最近少ない気がします。
Aさんには年下の兄弟がいるので、慣れているのかもしれませんね。

今日のところは、ここまで...