2022年8月9日(火曜日)、佐賀県佐賀市にある医療的ケア児者対応の重心型デイサービス&日中一時支援事業所にこっと(nicotto)さんでのe-AT活用サポートに関する備忘録第5弾です。

第1弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
佐賀市にこっと(nicotto)さんでの8月1回目のe-AT活用サポート①〜iPadアプリで因果関係を学ぼう
キーリンバアプリを操作するKさん
第2弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
佐賀市にこっと(nicotto)さんでの8月1回目のe-AT活用サポート②〜iPadの知育アプリで遊ぶ活動を介してコミュニケーション
三項関係成立のショット
第3弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
佐賀市にこっと(nicotto)さんでの8月1回目のe-AT活用サポート③〜DIGICOROを試してみました
1人で入力
第4弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
佐賀市にこっと(nicotto)さんでの8月1回目のe-AT活用サポート④〜KMEに接続したアクセシビリティスイッチに入力して乾電池式オモチャを動かす
KME経由でMaBeeeを制御
当日2人目の子どもさんは特別支援学校(肢体不自由)に在籍する小学4年生のYさん。
お昼前に来所したYさんを見るなりにこっと(nicotto)のスタッフさんが「Yさん、今日は目がパッチリ開いてるね」と言われたYさん。
Yさんの目の開け方
そのスタッフさんから「子どもたちの活動で描いてもらうことがあるのですが、Yさんも他の子どもたちのように視線入力で絵が描けるようになりませんか?」というリクエストに応じて視線入力にチャレンジしてもらうことになりました。

まぶたが厚く、まつげが下向きで、眼振もあるなので難しいかも...と思いつつmiyasuku EyeConLT2を起動してキャリブレーションを取ってみると、視線追跡装置がYさんの眼球を認識しました!
どれくらい目が動かせるか?視線追跡装置が視線を認識するか?を知るためにSOUNOS VALKAで音を奏でてもらいました。
視線入力で演奏するOYさん
その時の様子がコチラです。
 ↓ ↓ ↓
220809小4年-Windows用音楽演奏アプリSOUNOS VALKAに視線で入力してピアノ演奏する20220812_03#0729(YouTube動画へ)

にこっと(nicotto)のスタッフさんが「Yさんはベッドに横になると目を閉じてしまうんです」と話されましたが、画面の方に目を向けて、目を閉じることはありませんでした。
ひょっとしたら、気に入ったかも?
ということで、間髪入れずにEyeMoT Sensoryのお絵かきコンテンツで絵を描いてもらいました。
 ↓ ↓ ↓
220809小4年-Windows用入力練習アプリEyeMoT Sensoryお絵かきコンテンツに視線入力で絵を描く20220812_02#0728(YouTube動画へ)

Yさんが視線入力で描き上げた絵がコチラ
 ↓ ↓ ↓
OYさんが視線入力で描いた絵
画面の右上に視線がとどまっているように見えますが、彼女の目の動きを正面から見ると上下左右に動かしていました。
たぶん、顔と視線追跡装置の位置関係が悪かったのだと思います。
もっとmiyasukuスタンドをうまく設定しないといけませんね!
視線入力で絵を描くOYさん
新たな発見をさせてくれたYさんに感謝です。

今日のところはココまで...