2022年8月9日(火曜日)、佐賀県佐賀市にある医療的ケア児者対応の重心型デイサービス&日中一時支援事業所にこっと(nicotto)さんでのe-AT活用サポートに関する備忘録第6弾です。

第1弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
佐賀市にこっと(nicotto)さんでの8月1回目のe-AT活用サポート①〜iPadアプリで因果関係を学ぼう
キーリンバアプリを操作するKさん
第2弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
佐賀市にこっと(nicotto)さんでの8月1回目のe-AT活用サポート②〜iPadの知育アプリで遊ぶ活動を介してコミュニケーション
三項関係成立のショット
第3弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
佐賀市にこっと(nicotto)さんでの8月1回目のe-AT活用サポート③〜DIGICOROを試してみました
1人で入力
第4弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
佐賀市にこっと(nicotto)さんでの8月1回目のe-AT活用サポート④〜KMEに接続したアクセシビリティスイッチに入力して乾電池式オモチャを動かす
KME経由でMaBeeeを制御
第5弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
佐賀市にこっと(nicotto)さんでの8月1回目のe-AT活用サポート⑤〜視線入力を利用して初めて自分の力だけで絵を描いた小学生
視線入力で絵を描くOYさん
当日の午後は、福岡県立C特別支援学校に在籍する小学2年生Hくんとママさんが来られました。
「学校で視線入力を活用した学習をしているのですが、実際に見たことがありません。本当に視線で入力できているのかを見せていただけませんか」という相談です。
前月にも担任教師と一緒ににこっと(nicotto)さん来られたのですが、タイミングが悪く、充分に時間を取って話すことができませんでしたので、今回になりました。
ママさんから「バギーに座ると筋緊張が高まるので、抱っこ以外では学習するのが難しいと聞いています」と聞かされましたが、にこっと(nicotto)さんのベッドが空いていなかったので、バギーを持ち込んでいただき視線入力を試してみました。

まずは、「担任の先生からEyeMoT Sensoryというアプリが好きだと聞いています」とのことだったので、装置を設定してキャリブレーション代わりにEyeMoT Sensoryを試してもらいました。
いきなり音が聞こえる系のコンテンツではモロー反射が出て、後頚部が伸展する筋緊張の亢進に合わせて眼球が後方に引かれてしまい視線入力どころでは無くなってしまいます。
ところが、起動後からBGMが聞こえる花火コンテンツでは、後頚部が伸展する筋緊張があまり見られませんでした。
EyeMoT Sensory花火に視線で入力するKHくん
その時の様子がコチラ
 ↓ ↓ ↓
220809小2年-Windows用入力練習アプリEyeMoT Sensoryの花火コンテンツに視線で入力して音と映像の変化を楽しむ20220813_01#0731(YouTube動画へ)

続いて、SOUNOS VALKAでピアノ音を奏でてもらいました。
下写真でお分かりのように、視線の位置が画面の上の方だけでなく下の方にも動かせています。
また、視線をなめらかに動かすこともあり、連続的に音を鳴らすこともできていました。
SOUNOS VALKAに視線入力で演奏するKHくん
その様子がコチラ
 ↓ ↓ ↓
220809小2年-Windows用音楽演奏アプリSOUNOS VALKAに視線で入力してピアノ音を奏でる20220813_02#0732(YouTube動画へ)

最後に、Sensory Eye-FXのSplodgeで絵を描いてもらいました。
Sensory Eye-FXのSplodge
Splodgeで絵を描くKHくん
その様子がコチラ
 ↓ ↓ ↓
220809小2年-Windows用入力練習アプリSensory Eye-FXのSplodgeに視線で入力して絵を描く20220813_03#0733(YouTube動画へ)

実際に我が子が視線でアプリに入力している様子をご覧になられて、ママさんは満足しておられました。
自宅にも導入しようかと話されましたので、注意点として1つだけお伝えしました。
それは、「Hくんに限らず、因果関係を学習している段階の子どもさんの場合、ディスプレイに集中しやすいよう背景に何も見えないように工夫する必要があります」ということです。
当ブログで紹介することが多い岩手県在住の女子大生Rさんは、視線入力する際、下写真のようにママさんが工夫をしておられます。
ディスプレイ背面の工夫
こうすることによって、Rさんはディスプレイに集中しやすくなり、より広い範囲に視線を動かして絵が描けるようになっています。
 ↓ ↓ ↓
Rさんの視線履歴
Rさんが視線入力で絵を描いている様子の最新動画はコチラです。
 ↓ ↓ ↓
視線入力でデザイン画を描いています(YouTube動画へ)

このような工夫は簡単にできますので、C特別支援学校の担任教師にも伝わるとイイなぁ...

以上、8月9日(火曜日)のにこっと(nicotto)さんでのe-AT活用サポートに関するレポートは終わります。
次回、にこっと(nicotto)さんでのe-AT活用サポートは8月18日(木曜日)に予定されています。