2022年8月12日のブログA特別支援学校における二学期の授業でeBOCCIAが活用できるように準備しましたで紹介していたように、e-AT活用でに関するコンサルテーションを依頼されているA特別支援学校では、株式会社ユニコーンさんのご協力によりeBOCCIAが活用できるようになりました。
視線入力とスイッチ入力で操作
2022年8月27日の朝、A特別支援学校の教諭Kさんから「中学部訪問学級のCさんが、昨日、スクーリングで登校したので、eBOCCIAを試してもらいました」というメッセージが届きました。
eBOCCIAでボウリングをする仕組み
ボッチャ自体はチームを編成して対戦して、コートが必要です。
チーム編成するほどに人数がいない上にコートが無いので、ボウリングのピンを立ててボウリングゲームをしたそうです。
その時の様子の動画がコチラ!
 ↓ ↓ ↓
220826中3年-インクルーシブBocciaシステム【eBOCCIA=eボッチャ】に視線で入力してボウリングのピンを倒すゲームをする20220903_#0744(YouTube動画へ)

使うツールのネーミングにとらわれず、柔軟に考えて活動を仕組むことって大事だと思います。
eBOCCIAは、モーターをパソコンで制御する仕組みなので、ボッチャやボウリングだけでなく、他のスポーツもできそうな予感がします。
例えば、野球とか?