夏合宿2022<ICT虎の穴 6th>が終わった2022年8月28日(日曜日)の夜、福島県に来たので同じ東北エリアにある岩手県まで足を延ばしました。
目的は、2019年9月に仙台市で開催された第17回楽暮プロジェクト・セミナー以降、COVID-19の影響でリアルに会えていない女子大生Rさんに会いに行くこと...
記念撮影
 ↑ ↑ ↑
第17回楽暮プロジェクト・セミナーの時に撮っていただいた写真(左端のSamが手を繋いでいる女性がRさん)

昨年3月に特別支援学校の高等部を卒業したRさんは、現在、岩手県立大学社会福祉学部の聴講生として社会福祉を学ぶ大学2年生です。
岩手県の特別支援学校に勤める菊池 直実さんの呼びかけで始まったおウチde授業で毎月1回ご一緒している間柄のRさん。
ママさんのSNS投稿やYouTube動画を通じてe-ATを活用しておられる様子は知っていますが、いずれもネット越し。
8月のおウチde授業の様子
 ↑ ↑ ↑
8月のおウチde授業の様子
『おウチde授業』FaceTimeで遠隔演奏(YouTube動画へ)

Rさんが、実際にe-ATを活用しておられる様子をリアルで見たことがありません。
夏合宿2022<ICT虎の穴 6th>で福島県に行くことが決まってすぐ、Rさんのママさんに「実際にe-ATを活用しておられる様子を見せてください」とお願いしたところ快諾していただきましたので、訪問する運びとなりました。

JR猪苗代駅から磐越西線と東北新幹線を乗り継いで19:00過ぎに最寄駅に着いたSamを待っていたのはRさんのパパさん!
「迷わないように」と名前入りのウチワを持って出迎えてくださってたパパさんの車でRさんへ!
Rさん宅に着くと、まず目に飛び込んで来たのがEasy Stand
 ↓ ↓ ↓
Easy Standで立つRさん
Rさんは、毎朝Easy Standを利用して立って、3次元の世界を感じながら下半身の筋トレとストレッチ、内臓の活性化といった身体のケアをしているのです。
ママさんは、Rさんが飽きないようにSimple Technologyを活用した活動も取り入れておられます。
 ↓ ↓ ↓
立位deしゃぼん玉だよ(YouTube動画へ)

お家に入ると視線入力のセットがリビングにドーンと鎮座!
ネット越しに見てきた【余計な視覚情報が見えないように工夫された環境】を目の当たりにして、めっちゃ感激!
ディスプレイ背面の工夫
講演でよくお話しする環境が実現されているのを見て興奮しているSamに、パパさんが「まぁ、一杯どうぞ」とビールをススメてくださり、夢にまで見た《仙台の牛タン》を焼いてくださいました。
島根大学の伊藤 史人さんがRさん宅を訪問された際、ごちそうになったというキーマカレーを仕込んでおられたママさんが「晩ご飯のデザートは、Rに作ってもらいますね」と言われたので、その様子を拝見することに...

Rさんの目の前にはEyeMoTボックスアプリを起動したパソコンがパソッテル(ノートパソコン用)で固定してあり、視線入力でハンドミキサーがONになるように設定してあります。
夕飯のデザートとして、Rさんがフルーチェを作ってくれるとのことで、ママさんは左手にフルーチェと牛乳が入ったボウルを持ち、右手にはAC電源で動くハンドミキサー(これが、またオシャレでカワイイのです!)が握られています。
EyeMoTボックスアプリとハンドミキサー
また、パソコンの後ろにある棚には、第17回楽暮プロジェクト・セミナーの時に紹介していたAMANO社製リモコンリレーRC-001にアクセシビリティスイッチの3.5mmプラグが接続できるように改造されたジャックにEyeMoTボックス4ch版が接続されています。
リモコンリレーとEyeMoTボックス
準備ができたところで、ママさんがEyeMoTボックスアプリに視線で入力できるようにXキーを押します。
そして、Rさんがパソコン画面に映し出されたミキサーの写真アイコンを注視するとハンドミキサーがONに!!!
その時の様子を撮った動画がコチラです。
 ↓ ↓ ↓
220828大2年-視線入力でハンドミキサーのスイッチをONにしてフルーチェを作っておもてなし20220904_#0745(YouTube動画へ)

フルーチェの混ぜ具合を見定めながら画面を注視してフルーチェを作ってくれるRさんでした。
できあがったフルーチェは、キーマカレーと一緒に美味しくいただきました。
ごちそうさまでした(^o^)/
できあがったフルーチェ
 ↑ ↑ ↑
フルーチェの下に敷かれたコースターもRさんが描いた絵で作られたものです

動画をご覧になられると分かるように、興奮してしゃべりまくってしまったSamですが、気がついたら22:00近くになってしまったのでお暇することに...
MRさんファミリー
帰り際、Rさんが視線入力で描いた絵でデザインされた品々と岩手日報(岩手県の花巻東高等学校硬式野球部OBで、現在MLBで活躍する菊池雄星選手と大谷翔平選手が一面に掲載)をいただきました。
 ↓ ↓ ↓
お土産でいただいた作品
岩手日報の一面
※この写真、岩手日報さんから怒られないかなぁ...

翌朝、帰路につくため新幹線駅のホームに向かうとサプライズが!!!
なんと、Rさんとママさんがお土産を持って、見送りに来てくださったのです。
見送りに来てくれたRさんとママさん
駅で見送っていただきました
お二人に見送られて《はやぶさ》に乗り込んだSamにとって、十二分に心が満たされた岩手行きとなりました。

Rさんとママさんと初めて会ったのが、2018年3月8日に岩手県盛岡市内で開催されたセミナーでした。
180308支援機器活用研修会チラシ
180308盛岡でのセミナーがYouTubeに!(該当のブログ記事へ)
当日のセミナーの様子は、コチラの動画でご覧いただけます。
 ↓ ↓ ↓
<緊急セミナー>重度障害者・児の「できる!」を支援する(YouTube動画へ)

この動画の9:42辺りからRさんとママさんのお二人が登場されます。
当時中学生だったRさんが、生まれて初めて視線入力でパソコンを操作した日です。
この時からe-ATの活用が本格化したRさんの取組は、こちらのYouTubeチャンネルkururinrinでご覧いただけます。
 ↓ ↓ ↓
YouTubチャンネルkururinrin
Rさん、また会いましょうね!