進行性筋疾患による肢体不自由のある小学生のママさんから「学習する内容によって学校でiPadとWindowsパソコンを使い分けています。椅子に座っている時にはトラックパッドを使って入力しているのですが、次第に座る時間が短くなってきていて、寝た姿勢で学習することが多くなってきています。家ではNintendo Switchの本体からジョイコンを外して入力しています。寝た姿勢でも使えるように片手でマウス操作ができる入力装置はありませんか?」という問い合わせが寄せられました。

こういう入力装置が得意なのはSANWA SUPPLYかなと思っています。
人差し指にはめて手で握り込むようにして、親指で操作するリングマウスごろ寝マウスといった製品があります。
リングマウス
 ↑ ↑ ↑
リングマウス(SANWA SUPPLYのサイトから)
ごろ寝マウス
 ↑ ↑ ↑
ごろ寝マウス(SANWA SUPPLYのサイトから)
対象児は小学2年生なので、指のサイズに合わないように思いましたので、タッチパッド付きマウス400-MABT188を紹介しました。
タッチパッドリモコンとAppleTVリモコンの比較
 ↑ ↑ ↑
AppleTVのリモコンとほぼ同じ大きさのタッチパッド付きマウス400-MABT188
タッチパッド操作でパソコンに入力
Nintendo Switchのジョイコンより少し大きめですが、対象児の手の大きさには充分使えそうです。
Windows11パソコンで使う場合の紹介動画を作ってみました。
 ↓ ↓ ↓
SANWA SUPPLY社製タッチパッド付きマウス400-MABT188をWindows11ノートパソコンにBluetoothペアリングして使う方法20220921_#0750(YouTube動画へ)

対象児がうまく使えると良いのですが...