2022年9月29日のブログC特別支援学校におけるe-AT活用に関するサポート記録①〜神の手を減らしたいと願う教諭の粘り勝ちの続編です。

2022年9月26日(月曜日)のC特別支援学校でのコンサルテーション二人目は、前回(9月9日)にサポートした小学2年生のS君です。
Mさんが視線入力で学習している間、ずっと声を出して「早くボクもやらせてよぉ」と訴えていたS君...
座位保持椅子に座るとヤル気満々です!
パソコンが新しくなったので、起動が早くてニヤけています。
前回お気に入りになった入力用練習アプリEyeMoT Sensoryの自動車コンテンツをやりたかったそうで、さっそくチャレンジ!
EyeMoT Sensory車Sくん
このコンテンツは、坂道を降りてくる自動車を見ると色が変わったり、形が変わったり(自家用車からトラックに)するのです。
前回は坂道を降りてくる自動車を追視していたのですが、数台変化させると右下のゴールに視線を停留させるのです。
Tobii Eye Tracker 5の不調かな?」と思って、正面に回り込んで見てみると視線を右下にとどめたまま動かそうとしないのです。
どうやら、待ち伏せしているのです!
その様子がコチラの動画
 ↓ ↓ ↓
220926小2年-Windows用入力練習アプリEyeMoT Sensoryの自動車コンテンツに視線で入力して車の色や形を変える20220928_01#0756(YouTube動画へ)

動画でお分かりのように思わず「ケチかぁ〜」と言いましたが、ニヤニヤするS君...
担任の先生がおっしゃるように、頭がイイのです!

続いて、視線マウスアプリmiyasuku EyeConLT2を起動してSOUNOS VALKAでピアノ音を奏でてもらいました。
SOUNOS VALKAでピアノ演奏するSくん
こちらも自分でピアノ音を奏でることができるので満足そうなS君でした。
 ↓ ↓ ↓
220926小2年-Windows用音楽演奏アプリSOUNOS VALKAに視線で入力してピアノ音を奏でる20220928_02#0757(YouTube動画へ)

Look To Learn(無料版)も試してもらいました。
 ↓ ↓ ↓
LookToLearnで塗り絵するSくん
コチラはターゲットを注視しないといけないので、あまり好みではなかったようです。
とは言え、サクサク動くので前回とは比べ物にならないほど満足そうに学習できたS君でした。

そして、帰り際、O教諭から「前回のコンサルテーション以降、EyeMoT Sensoryのお絵かきコンテンツで絵を描いたんですよ」と見せてもらった写真がコチラ!
 ↓ ↓ ↓
S君が視線入力でデザインしたTシャツ
なんと、S君が描いた絵をUNIQLOが運営しているUTme!でTシャツとして作っているそうです。
出来上がりが楽しみですね。
今後、ますます学習が進化しそうな予感がします。