2022年9月8日(金曜日)のC特別支援学校でe-AT活用に関する訪問サポートしたことが、同校ホームページの【校長室より】のコーナーで紹介されました。
校長室より
同校の学校長が書かれたもので、保護者や関係者向けにPDFでも公開されています(あえてリンクは貼りません)。
校長室だより
このように学校長自ら情報を発信してくださることは、保護者や在籍している児童生徒、ひいては他校の関係者にとっても意義のあることだと思います。
さらに、同校長から「今朝、教室に行ったら、S君が視線入力で描いた絵でデザインされたTシャツを担任がお揃いで着ていました」というメッセージを写真付きで送っていただきました。
視線入力で描いた絵のTシャツを着る担任
学校長からは「9月26日のコンサルテーションの様子を訪問教育の担任も見学させていただきましたが、『担当している子どもに是非試してみたい』と言っていました。また、お願いできますか?」という嬉しいメッセージも届きました。
ヤル気にあふれた先生方とその情熱を支える管理職がいる学校ってイイですよねぇ。