2022年10月19日未明、AppleiPad(第10世代)を発表するとともに予約受付を開始しました。
※発売は10月26日です。
iPad(第10世代)
 ↑ ↑ ↑
Appleのサイトから

iPad(第9世代)との違いは以下のとおりです。
 ↓ ↓ ↓
・画面が10.2インチから10.9インチに拡大
・チップはA13からA14にアップグレード
・カメラのピクセル数が8MPから12MPへとアップグレードし、4Kビデオ撮影が可能に
・フロントカメラが横(長辺)に移動
・充電やデータ転送で利用するLightning端子がUSB-C端子に変更
・ホームボタンとイヤホン端子が無くなる
・電源のON/OFFスイッチがTouch ID化
・Apple Pencil(第1世代)に対応
・ストレージは64GBと256GB
・価格は税込6万8800円から(第9世代は税込4万9800円から)

また、iPad ProもチップがM2に進化し、Apple Pencilを画面から浮かせた状態でも認識するホバー機能が搭載されて、10月19日から予約受付が始まっています。

新しいiPad(第10世代)iPad Proの紹介動画はコチラからご覧いただけます。
 ↓ ↓ ↓
まったく新しいiPadとiPad Pro、登場 | Apple(YouTube動画へ)

これら新しいiPadの性能が活かされるのはiPadOS16だと思われます。
iPadOS16は2022年10月25日リリース予定です。

GIGAスクール構想による学習者用タブレット端末がまだ整備されていない自治体があると聞いています。
そのうち、iPadを選択している自治体はiPad(第9世代)の在庫が無くならないうちに調達できると良いのですが...