2022年11月11日(金曜日)にB特別支援学校で行ったe-AT活用に関するコンサルテーションの備忘録第4弾です。
第1弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
B特別支援学校におけるe-AT活用に関するコンサルテーション記録2学期①〜スイッチのフィッティングは本人と相談しながら(該当のブログ記事へ)
左手で棒スイッチに入力
第2弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
B特別支援学校におけるe-AT活用に関するコンサルテーション記録2学期②〜iPadに標準で備わっている機能とメモアプリを使いましょう(該当のブログ記事へ)
メモアプリに写真を貼り付けるBさん
第3弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
B特別支援学校におけるe-AT活用に関するコンサルテーション記録2学期③〜iPadに拳が当たって誤入力してしまう場合の対処法(該当のブログ記事へ)

4人目の相談は、小学3年生のDくんです。
担任教師から「シャクライ君を使って飲み物をサーブしたり、電動マッサージャーでマッサージをしてあげるような活動をしているのですが、アクセシビリティスイッチの選定&位置の設定が難しいので良い方法について知りたい」という相談です。
Dくんのスイッチ入力
実際にその様子を見せてもらいました。
Dくんは、どっちもクリップを使ってジェリービーンスイッチツイストを中空に固定して、右手で入力してシャクライ君を作動させています。
どっちもクリップはグーズネック製のため、ジェリービーンスイッチツイストのような押すタイプのスイッチに入力するとチャタリングを起こしてしまい誤入力しがちなので、「したがって、KUPO CAREのマックスアームまたはAbleNet社のユニバーサルアームを使って固定する方が良いように思います」とお伝えしました。
スイッチとマックスアームの固定
また、ジェリービーンスイッチツイストに手を伸ばすのに時間がかかっていました。
スイッチ入力時に身体全体を観察したところ、脚も動かしやすそうだったので、車いすの足台にビッグマックを置いて入力するのを試してみました。(本当はビッグスイッチツイストが良かったのですが、近くになかったのでビッグマックを使ってもらいました)
足でスイッチを押すDくん
そうすると、右手でジェリービーンスイッチツイストを押すよりも短い時間で押したり、離したりすることができました。
本人と相談の上ですが、ビッグスイッチツイストを足台に置いて(入力時に滑らないような工夫が必要です)踏ませてみるのも良いかもしれません。

別の方法として、スペックスイッチに専用ベルトを付けて手に巻いて、体や車椅子の座面に押し付けて入力すると良いかも知れないということを紹介しました。
 ↓ ↓ ↓
221024幼児5歳-Specs Switchに入力してシートマッサージャーで振動遊び20221102_#0768(YouTube動画へ)

今日はココまで...