2024年1月13日(土曜日)福岡県小郡市にあるミルキーウェイキッズ小郡さんで行ったe-AT活用サポートの備忘録第5弾です。
第1弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
ミルキーウェイキッズ小郡さんでのe-AT活用サポート(2月分)①〜小学2年生にKME経由で乾電池式オモチャを動かしてもらいました
KME経由でオモチャを動かす
第2弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
ミルキーウェイキッズ小郡さんでのe-AT活用サポート(2月分)②〜小学2年生にKME経由で家電品(ホットシートマッサージャー HOT BEAT)を動かしてもらいました
振動を感じるYくん
第3弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
ミルキーウェイキッズ小郡さんでのe-AT活用サポート(2月分)③〜アクセシビリティスイッチに入力してiPadアプリで遊ぶには
iPadアプリで遊ぶYくん
第4弾はコチラ
 ↓ ↓ ↓
ミルキーウェイキッズ小郡さんでのe-AT活用サポート(2月分)④〜EyeMoT Mouse Barricadeをうまく使って絵を描こう
EyeMoTマウスバリケードON
この日ラストはNiziUの動画が好きな小学4年生のMさん...
前月は、iPadのYouTubeアプリを起動して、スイッチコントロールのレシピ機能を使い画面のどこをタップしても再生できるようにしてみました。
YouTubeでEyeMoTソニック利用Mさん
今回は視線入力で同様の活動ができないかという相談です。
WindowsPCのChromeを起動してYouTubeでNiziUの動画を再生しようという作戦です。
視線マウスアプリEyeMoT Mouse(島根大学の伊藤 史人研究室が開発)を利用してどこかを注視すればクリックできるように設定してみました。
EyeMoT Mouseの設定画面
Dwell Time(=注視時間)は0.5秒に設定してやってもらいました。
視線入力でYouTubeを再生
0.5秒注視時するとNiziUの動画が再生されるので、注視の練習になりそうです。
次回、ミルキーウェイキッズ小郡さんでのサポートは3月下旬を予定しています。