2024年3月16日(土曜日)〜17日(日曜日)に開催された社会福祉法人 日本肢体不自由児協会主催肢体不自由のある子どものWindowsとiPadOS活用講習会の備忘録第6弾です。
講習会2日目の3月17日(日曜日)は現地参加者のみを対象として、午後はiPadの活用について実際に機器類を触りながらの演習を中心に行いました。
内容としては、1日目の午後イチにオンライン参加者向けに紹介したアクセシビリティ機能を使ってみることと学習に役立つ(と思われる)アプリの紹介&使い方を実習してもらいました。
iPadOSのアクセシビリティ機能紹介タイトル
このうちアクセスガイドは参加者の半数がご存知でしたが、それ以外は初めてという方ばかりでした。
事前の案内で「インストールしておいてください」と知らせておいたアプリや標準アプリを使いながら一つずつ設定方法を実習していただきました。
講座の様子
Assistive Touchの演習では、スイッチジャック付きマウスを有線接続してマウスサポート機能を使う方法やi+Padタッチャーを画面に貼ってアクセシビリティスイッチ入力でタップ操作する方法も体験してもらいました。
外部スイッチが接続可能なマウス
i_padタッチャー
i+Padタッチャーを使う方法はコチラの動画が参考なると思います。
 ↓ ↓ ↓
iOSのアクセシビリティ機能【Assistive Touch】の利用と設定方法⑤カスタムジェスチャを利用して、i+Padタッチャーと外付けスイッチでページめくり20190501_02#0346(YouTube動画へ)

また、i+Padタッチャーはスイッチコントロールの実習でも使いました。
後半の学習に役立つ(と思われる)アプリの紹介&使い方実習では、医療・福祉系事業所のスタッフも参加されていましたので、絵カードVOCA「しゃべるんです。」BitsboardOur Story2SnapType縦書き文字入れ「文字入れくん」という無料アプリを取り扱いました。
なお、当日は取り扱いませんでしたが、特別支援学校など教育現場では、VOCAアプリはDropTap(ドロップタップ)、教材作成アプリはDropKit(ドロップキット)が超オススメです。
DropTapスクショ
DropKitスクショ
以上で、2024年3月16日(土曜日)〜17日(日曜日)の2日間にわたって開催された肢体不自由のある子どものWindowsとiPadOS活用講習会の振り返りは終わります。
最後に、講師陣で記念撮影!
講師集合写真
次回は、2024(令和6)年8月3日(土曜日)〜4日(日曜日)に開催される予定です。
よかったら、お知り合いの方にご案内ください。