2024年4月21日(日曜日)のブログ熊本県A小学校病弱特別支援学級へのe-AT活用サポート②〜KME(KOSEN Multifunctional Endpoint)をiPadのスイッチコントロール用インターフェイスとして使うで書いたように、K町立A小学校病弱特別支援学級はBさんの入学を機に新設されましたので、K町教育委員会はBさんの学習に必要な支援機器として、昨年末に15.6インチディスプレイのWindows11ノートパソコンが導入されました。
また、今年6月には視線追跡装置が導入されるそうです。
2023年6月16日のブログ熊本県A小学校におけるe-AT活用に関するコンサルテーション記録〜伏し目がちな子どもが視線で入力するための工夫にも書いたように、Bさんは入学後に自宅から視線入力環境一式を持ち込んでいました。
公費でWindows11ノートパソコンが導入されましたので、新しい視線追跡装置が導入される6月まで待つのはもったいないということで、Bさんの視線追跡装置Tobii Eye Tracker 4Cを使わせてもらうことになったそうです。
そのTobii Eye Tracker 4Cは使えていたそうですが、「ある日突然使えなくなっちゃいまして、なんとかなりませんか」といってM先生がバッグから取り出したのは、けっこう新しいNEC製のWindows11ノートパソコン!
Tobii Eye Tracker 4Cを接続すると赤いランプは点くのですが、ドライバーソフトを起動すると「Eye Trackerが接続されていません」といった意味のアラートが表示されてキャリブレーションもできませんしGaze Traceも表示されません。
最新のドライバーソフトをインストールしても同じ状況です。
そこで、思い出したのが、株式会社ユニコーンさんが公開しているコチラの資料!
 ↓ ↓ ↓
① Tobiiの完全削除(PDFのダウンロード先へ)
② Tobiiデバイスドライバ完全削除と再インストール手順(PDFのダウンロード先へ)
上記資料のとおりにTobii Eye Tracker 4C用のドライバーソフトを完全削除して最新のドライバーソフトをインストールしたところ、Windows11ノートパソコンがTobii Eye Tracker 4Cを認識するようになりました。
TET4cのドライバ再インスト完了
視線追跡装置がTobii Eye Tracker 4Cなので、ダメ元でGaze Pointをインストールしてみました。
Gaze PointはTobii Eye Tracker 5では使えませんが、Tobii Eye Tracker 4Cなら使えるかもと思ってやってみたらバッチリ動作しましたので、キャリブレーションの仕方をお伝えしてミッション終了!
GazePointでキャリブレーションする方法
Gaze Pointについては、2020年8月24日のブログ【できわかクリエイターズ】オンライン研修会『視線入力入門2』に参加しました②〜新発見Gaze Pointをご覧ください。
以上で、K町立A小学校へのサポートの振り返りは終了です。