Sam's e-AT Lab

障害による困難さのある子どもたちの学習や生活を豊かにするためのe-AT(electronic and information technology based Assistive Technology=電子情報通信技術をベースにした支援技術)に関する話題

カテゴリ: iPad/iPhone

iDevices(iPad、iPhone、iPod touchの総称)には、障害のある人がデバイスを使いやすくするようにアクセシビリティ機能が買った時から付いています。たくさんのアクセシビリティ機能の中に、画面の情報を音声で読み上げる機能があります。現任校に在籍している児童生徒の中 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年度(2017年度)現任校の職員向けICT活用講座第3回目(5月29日・30日・31日の3日連続)の内容は、iOS版VOCAアプリDropTalkの使い方でした。同僚がその時の様子を動画で撮影してくれましたので、YouTubeにアップしています。 ↓ ↓ ↓https://youtu.be/ySmM7AO2FKkDro ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年度(2017年度)現任校の職員向けICT活用講座第2回目の内容は、iOS版VOCAアプリvocaco無料版の使い方!5月29日・30日・31日の3日間連続で開催しました。学校や自治体によっては、有料アプリが購入できないところも多いと思います。無料のVOCAアプリとしては、2018年6月2 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月20日に書き始めたiPhoneで視線入力ができるようになるかも?シリーズの最終回です。Appleが開発・販売しているパソコンMacやスマートデバイスiPhone/iPad/iPod touchには、スイッチコントロールというアクセシビリティ機能が買った時から搭載されています。下の写真 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

入学してきた昨年度後半から、車いすにiPad mini 4を取り付けてVOCAアプリDropTalkで意思を伝える学習に取り組んでいるN君...昨秋、DropTalkに貼り付けていた音声付きシンボルは「おはようございます」「さようなら」の2個で始めたのですが、今では11個に増えました(^o^)/今 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日(2018年6月22日)書いたiPhoneで視線入力ができるようになるかも?②〜ハンズフリーでMacを操作するというブログで、Macのアクセシビリティ機能の中にEye Tracking(視線の動きを検出する機能)とHead Tracking(頭の動きを検出する機能)があることを紹介しました。実 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨日(2018年6月20日)iPhoneで視線入力ができるようになるかも?というタイトルのブログを書いたところ、多くの方から反響がありました。iPhoneやiPadを作って販売しているApple自身が視線入力装置の開発をしているという噂は聞いたことがありません。でも、Appleが作って ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ2年ほどの講演ネタは、【iPad/iPhoneの活用】と【Windowsパソコン用ローコスト視線入力装置の活用】が多いのですが、必ず質問されることがあります。それは、「iPadで視線入力できないんですか?」ということ!それに対するSamの答えは...視線入力したいということは、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月15日、Apple純正のアプリ iWork(Pages、Numbers、Keynote)がバージョン4.1にアップされました。Samが普段から使っているiOS版Keynoteでは、今回のバージョンアップによって、以下の機能が追加されました。①アプリ内で音声の録音・再生・編集ができるようになりま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018(平成30)年6月13日、福岡市特別支援教育研究連盟難聴・言語障がい教育研究会という長ったらしい研究会の研修会に招かれ、「通級指導教室での ICT の活用について」というテーマで講義してきました。参加者は福岡市立小中学校の難聴・言語障がい通級指導教室の担当教 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ